Staff BlogHead office

Ishigaki.J
本社

石垣貞娥

’To be is to do’
- Jean Paul Sartre

存在するとは行動することである。この言葉は実存主義の代表者であるサルトルが残したものです。

彼は
人間は常に何かしらの行動をとるが、それは全て自らの「選択」であるため、この行動に「責任」を取らなければならないと言います。

小難しい話を挟みましたが、つまりは人間それぞれが持っているはずの「自由」を発揮するためには、具体的な「行動」、そしてそれに対する「責任」が伴うべきであることだと思います。

「自由な人になりたい」
これが自分が決めた人生の目的です。それをするために、普段どういうことを感じて、考えて、行動しているかをコツコツと残していく空間にしたいと思います。

町田在住 / 一児の母 / 本社

8月のクリスマスフォトコンテスト開催!結果発表(特別・優秀・最優秀賞編)

2019/1/1

120 0

【ポートレート】x【日本】 

日本で撮影された「人」をテーマとした作品であればどなたでもご参加いただけます。主題である「人」は女性に限らず、お子様や、ご家族でも参加可能なイベントです。

Instagramで活躍されているフィーチャーサイト の@daily_photo_japan」様、「@art_of_japan」様と一緒に、ポートレート作品を募集し、Instagram上で作品を掲載しているユーザーの方と繋がり、良い作品を紹介させていただく趣旨。 

この度は、「@daily_photo_japan」様からのご提案で、日々人物を中心として撮影をしている8月のクリスマス(LIFE STUDIO)も一緒に作品の選定に参加し、(大変恐縮ですが)8月のクリスマスの目線で見たいい写真の基準を出してみることにしました。 

フォトコンテストを通じて、Instagramで「8月のクリスマス」及び「ライフスタジオ」をより多くの方に知ってもらう良いきっかけになると思いながら、2018年12月2日(日)~2018年12月20日(木) までご応募頂きました。

なんと、
今回のフォトコンテストでは期間中7000枚にも及ぶ応募があり、Instagramでご活躍されているプロカメラマン・アマチュアカメラマン・ロケーションカメララマン・趣味カメラマンなどなど、色んな方々の作品を触れて良い刺激をもらえる良いきっかけになりました。また、8月のクリスマスとしては1000フォロワーが増えるなど、嬉しい結果にも繋がりました。

そして、迎えた結果発表の日!
結果発表はクリスマスにちなんで12月24日(月)・25日(火)2日間に渡り行う事に。初日は入選作を6組さま、二日目は特別、優秀、最優秀作品のご紹介を時間差をつけて行いました。

 

【#8月_art_daily フォトコンテスト】特別賞3作

Photo Artist : @yasuto.photography 

photo select @daily_photo_japan

 

<選出コメント>
急峻な渓谷の吊り橋をおっかなびっくり楽しむ人々()と、悠然とロケーションを楽しむモデルさん()の対比が、とても印象的でした。
高いコントラストと低い明瞭度のバランスも絶妙と感じました。おめでとうございます。

 

Photo Artist : @akihiro_semba 
photo select @art_of_japan

 

<選出コメント>
ほんのり赤く染まった頬
両手の仕草や表情にも日本の美を感じ
何度も見返したく作品だと思いました
おめでとうございます

 

 

Photo Artist : @396_zima  

photo select @8__christmas
 

<選出コメント>
線路の下の世界には都市の明暗が凝縮されています。のっしりと建っている鉄骨の重みが人々の足を促します。

「なぜ、私たちはお互いに声をかけないのか」

少しの間許された光を浴びながら、一人の女性が休んでいます。目まぐるしく走る電車、無心に走り抜ける車、中年男性の足取り

この女性の姿には、私たちの今が反映されてるのではないでしょうか。日々、自由を求めてどこかへ逃げ出したいと思うけれど現実はそう簡単に出来ず。ただただ、少しの間差し掛かる光を浴びながら首をうなだれる

この写真を特別賞に選んだ理由は、特別理由がないところが特別だったからです。私たちの姿と似ているこの写真を眺めながら、自分が住んでいるこの都市の風景を見返しました。写真は客観性に基づいた非常に主観的な行為の結果物です。その主観的な視点から客観性を見つけ出すのがまた写真の魅力でもあります。

この写真が、そうであるように。


 

【#8月_art_daily フォトコンテスト】優秀賞3作

Photo Artist : @__xxsr08 

photo select @daily_photo_japan
 

<選出コメント>
光の使い方がとても上手く
映画のワンシーンの様な
物語を感じました。
スタイリッシュでカッコよく
モデルさんの雰囲気と表情
背景の全体のまとまりがある
素敵なお写真だと思いました。
おめでとうございます

 

Photo Artist : @ayakoyuta  

photo select @art_of_japan
 

<選出コメント>
背景の降り積もった雪にも負けない
美しい白い肌
つららよりも透き通った瞳に
吸い込まれてしまいそうな程素晴らしい一枚です
お子様ながら大人顔負けの表情にも圧巻です
おめでとうございます

 

 

Photo Artist : @ayumibee_ 

photo select @8__christmas
 

<選出コメント
子供は撮影者にとって一番良い被写体です。人間が持つ感情を隠すことなく表す子供の仕草は撮影者をドキドキさせます。

数多い子供の写真の中でこの1枚に注目した理由は、変化を生み出す緊張感があるからです。これから起こる事に対する期待を不安が凝縮された状態は、見る人を興奮させます。誕生日プレゼントをもらった時の嬉しい気持ちのような、ワクワクしながら箱を開ける気持ちいい緊張感のような。みんなの心に刻まれているあの時の記憶。小さい頃、花火をしていた時の感覚。そのワクワクさが上手に表現できた写真だと思います。

生きるとは周りを変化させる事。その変化から人生の意味を見るけることこれらが合わさって私たちは成り立っているのではないでしょうか。

この写真を見た瞬間、直感的に「良い写真だ!」と思いました。この写真が持っている「変化を生み出す緊張感」が私たちを興奮させたのだと思います。

 

【#8月_art_daily フォトコンテスト】最優秀賞1作

 

photo select @8__christmas
<選出コメント
時々、良い写真とは何か、という質問を受ける事があります。その度に「一時定時」という言葉を使いました。現代は写真の時代です。私たちはイメージが溢れる世界に生きています。その数を数え切れない写真とイメージの中で、私たちを「一時停止」させる写真が良い写真である、という考えです。

写真を見た瞬間、
自分の中の何かがビビビッと繋がった時、
「一時停止」モードになります。

この作品もその1枚でした。写真の良さ理論的に分析したり、隙間を攻撃したりする間も無く、一瞬にしてこの写真を通して自分を振り替えることになりました。それは「童心」かも知れませんし、「自由」かも知れません。何であれ、眠っていた自分の何かを気付かせてくれる力それがこの1枚にはあるように思います。

@hiikun_cameraさん、おめでとうございます。
そして、素敵な作品を共有して頂いて、少しでも自らを見つめ直すきっかけを作って頂いて、ありがとうございます。


 

PS
最優秀賞受賞の@hiikun_cameraさんからいただいたコメントから、我々が写真を撮る理由をもう一度教えてもらいました。

この度は貴重なきっかけを作っていただいた@daily_photo_japan」様、「@art_of_japan」様、そして参加者の皆さまにこの場を借りて感謝致します。

 

8月クリスマス一同

 

この記事をシェアする