Staff BlogIchikawa

本橋由里
市川店

本橋由里

こんにちは★もとはしゆりです!
ニックネームは、「ゆりっぺ」「ぺぺ」「ぺ」です。

カメラマンとコーディネーターをしています。
カメラマンとしては、子どもたちの心を自由にさせて、その子らしさを残すことを大切に。
コーディネーターとしては、子どもたちの持つ魅力を最大限引き出せるように。
そんな気持ちで働いています。
担当させていただく際は、どうぞよろしくお願いいたします^^
指名も大歓迎です。

ブログの内容は、
☆My Guest Story(お客様との思い出)
☆pepe's coordinate(コーディネートのご紹介)
☆プライベートのこと
☆しょーもないこと
お時間がありましたらぜひ読んでみてくださいね!

ゆりちゃん3分こけしクッキング

2019/3/3

238 3

テレテテテテテ♪テレテテテテテ♪

テレテテテテテテテテテッテッテッ♪

チャラチャッチャッチャン♪

チャラチャッチャッチャン♪

チャラチャッチャッチャッチャッチャチャチャチャチャン♪

 

みなさん、こんにちは。

ゆりちゃん3分こけしクッキングのお時間がやってまいりました。

 

本日は、おうちの玄関に飾るのにピッタリ!持ち運ぶのにも便利なMyこけしを作って行きましょう^^

 

用意する材料はコチラです。

 

【材料】

★無地のこけし 1本

★鉛筆 1本

★消しゴム 1個

★筆 1本

★絵の具(赤・黄・黒) 少々

100円玉 8枚

 

それでは早速、作っていきたいと思います。

 

 

【作り方】

1.まずは、宮城県の松島まで向かいます。東京からだと車で6時間ほどかかります。

新幹線だと2時間弱で仙台まで行けますので、そこから電車など乗り継いで頑張って行ってください。

 

 

2.松島付近に差し掛かりますと、いくつかの飲食店やお土産さんが見えてきます。

その中の「松島直秀こけし 二八屋物産店」に入りましょう。

 

 

 

3.中へ入ると、こけし職人がいらっしゃいますので、弱火程度で軽く会釈をしてご挨拶をしてください。

(セキセイインコもいます)

 

 

4.約3分、店内を徘徊したあと、店員さんに向かって「絵付け体験がしたいです」と言ってみてください。★が全て手に入ります。

 

 

 

5.無地のこけしは水洗いしてしまうと鮮度が落ちますので、水洗いはせず、そのまま使っていきましょう。鉛筆・消しゴムを使って下味を付けていきます。

 

 

 

6.次に絵の具を使って味を調えていきます。お好みに合わせて味付けをしていって構いませんが、予期せぬ方向に滲んで行くことがありますので、気をつけてください。というか気をつけようがないので、ただ、覚悟してください。

 

 

 

7.すべて味付けが終わりましたら、用意していた100円玉8枚を取り出し、十分に水気を切ってからお店側にお渡しします。

 

 

8.仕上げに店員さんが包装紙でこけしを包んでくれますので、そのまま笑顔で受け取り、逃げるように店内を立ち去れば完成です。

 

 

 

そのまま召し上がっても良いですし、包装紙を外しても美味しく召し上がれます。

電子レンジで温めても美味しいですよ。

 

 

 愛は食卓にある。

 こけしは松島にある。

 

 

 

(※宮城県の松島でこけしを作ってきましたっていうお話しです。)

この記事をシェアする