Staff BlogKoshigaya

akane ouchi
越谷店

大内あかね

ライフスタジオと出会い早いもので10年が経ちました。この仕事を通じて人との出会いが人生の喜びになりました。ライフスタジオが写真館でありながら『人と人が出会いお互いの存在がかけがえのないものになっていけるような空間』を皆さんと一緒に創りあげていきたいと思います。
今現在は産休でお休みを頂いています。母としての成長を更なる糧とし皆様に再会できる事を楽しみにしています♡

【長野観光】都心から近場のおすすめ信州の旅

2018/11/30

302 7

【長野観光】今回は都心からアクセスも良い旅先を探していた時に出会ったのが長野県でした。長野県は海なし県と言われるように本州の内陸部に位置しています。また有名な山岳地が沢山あることでも有名だったり1998年の冬季オリンピックの舞台になった場所でもありました。今回の旅は軽井沢周辺と長野県市内の二つのポイントに絞ってお出かけをしました。これから長野旅行を考えている方はぜひ参考にしてみてください。

【二日目】雲場池を散策

私達夫婦は旅の予定を立てる時の役割分担があります。私は行きたいところのリクエストを出します。旦那さんはそのリクエストを聞いて場所の調査やルートを調べてくれます。なので私にはいつも素敵なバスガイドさんと運転手さんがいるような有難い環境です。もちろん旦那さんも行きたいところのリクエストは出しますが基本的にアイス屋さんや甘味処などおやつ時間のことに限ります(笑)

私は自然に触れたり芸術に触れることが好きなので今回の長野旅行はその希望が叶うようなルートを旦那さんが考えてくれました。

2日目の朝は頑張って早起きをして散歩がてらホテルから雲場池(くもばいけ)まで行ってきました。早朝6時という事もあり水面が神秘的な雰囲気でした。そんな神秘的な雰囲気の中、旦那さんが「野鳥がいっぱいいるね。」そう声をかけてくれましたが景色に見とれていた私は「え!?ダチョウ!?」と聞き間違えてしまいました(笑)神秘的な雰囲気はサバンナへと変わってしまいました。私達らしくてこっちの雰囲気の方が性にあいます(笑)

ホテルまでの帰り道、木々の隙間から見える朝日も雰囲気を演出してくれます。

続いては白糸の滝です。軽井沢は長野県の中でも寒い地域なので、紅葉は見頃を過ぎていましたが、滝は圧巻。透き通ったお水も綺麗です。「普段はWi-fiが多いけど、ここはマイナスイオンが多いね」と、どこかの芸人さんのようなことを旦那さんは言っています。

 

「白滝の滝よかったね」とお鍋が美味しい季節にもなっていましたので、天然食いしん坊が顔を出します(笑) 私も旦那さんには負けていません。

 

 

 

次の目的地に行く途中に美術館があったので、少し寄り道もしました。こういう彫刻を見るのも私は大好きです。今回美術館の中には入りませんでしたが、また時間があればゆっくり見たいスポットです。

 

 

ここは石の教会・内村鑑三記念堂です。この教会はぜひ行きたいと思っていたところだったので、テンションが上がります。訪れた時はちょうど結婚式を行っていましたが、終わった後の少しの時間で中にも入ることができました。結婚して10年経ったら、こういう教会でまた結婚式を挙げたいと思います。教会は石とガラスでできていて、石は男性を、ガラスは女性をあらわしているそうです。

石の教会を後にして、お昼はハルニレテラスでランチです。無類のパン好きの旦那さんのリクエストに応えてパン屋さんに立ち寄りました。ちなみに私は無類の飲むヨーグルト好きなのです。私がパンの写真を撮っている間に、旦那さんは2つもパンを食べ終わっていました。パン好き恐るべし…。

 

 

食後のデザートはハルニレテラス内にあるジェラート屋です。ミルクとリンゴとヨーグルトの三種類をチョイス。特にリンゴは果物のリンゴを食べているかのようなおいしさでした。

 

軽井沢で予定していたものは全て見れたので、軽井沢をあとにして長野市へ向かいます。途中上田市で上田城に立ち寄りました。顔出しパネルにフィットしてしまい、旦那さんが爆笑していました。

 

その後長野市内で、旦那さんの友人のご両親Mさんとお食事に。私は初対面なのに、そうは感じさせない素敵なご夫婦で、長野県に父と母ができた気持ちで本当に嬉しかったです。お店は長野市内になる藤屋御本陣でディナーをいただきました。お店の雰囲気も素晴らしく、スタッフの皆様のおもてなしは心打たれるものばかりでした。食事も長野県内の素材も楽しむことができ、本当に素敵なひと時を過ごすことができました。とてもいいお店なので、長野市へ行かれる方はぜひとも立ち寄っていただきたいお店です。

 

 

 

3日目の最終日は善光寺へ。

昨晩お世話になったMさんとともにお朝事へ。朝の苦手な私ですが、6時から一緒に付き合ってくれました。住職さんに数珠で頭を撫でてもらい、多くの煩悩が消えた気分です。お昼前にはご戒壇巡りもさせていただきました。朝早くから精力的に動いて、三文以上に徳をつめたと感じることができました。

 

長野県は観光や食事が素晴らしいことはもちろんですが、やはり旅の醍醐味は人との出逢いだと改めて感じることができました。そしてその出逢いからおもてなしの心を学ぶことができました。

 

 

この記事をシェアする