PhotogenicNagoya

Best of Tamada October.2017

2017/11/13

824 0

子供の感情は非常に素直です。
.
素直な分、すぐに表情や動きにも現れ、次から次へコロコロと移り変わっていきます。
.
そんな一瞬一瞬に現れる表情から最高の瞬間を切り取れたら時は、この上ない喜びが込み上げてきます。
.
カメラマンになってから何度も経験してきました。
.
.
.
この時は、メガネをかけてもらうという一見簡単な仕草を撮ろうとしていたのですが、
それをいかに彼が楽しくできるかをアシスタントと2人で協力して盛り上げながら映し出した写真です。
.
繊細な彼でしたが、この時はメガネを外側へ大きく広げるくらい引き伸ばし、
くしゃっとこの時は一番の笑顔で笑ってくれた時、その眩しさに場も心も温かくなりました。
.
.
.
写真を撮る上で光や構図はもちろん大切ですが、それよりも人を撮っている以上はその被写体から何を感じられるかも大切になってきます。
.
私は以前ただキレイな写真を撮っていて被写体からは何も感じない写真というのがありました。
.
その時は写真の技術的なところに集中してしまい、被写体のことまでしっかり見ることができていませんでした。
.
それを指摘していただいた時から私の写真を撮る時の意識が大きく変わり、それと同時にカメラマンをやりつつ時にはアシスタントにも負けないくらいの動きやリアクションで写真を撮るようになりました。
.
カメラマンとアシスタント、お互いがバラバラになって、あやす人とシャッターを押す人にそれぞれ集中してしまうのではなく、協力し合って一緒にアシスタントをしたり、写真を考えたりする時間を増やしていくことで、より被写体との関係性も強く結ばれ、それが写真にも現れてくるようになる、それをしっかりと心に留めてこれからも写真を撮り続けていきます。

この記事をシェアする