Staff BlogNisshin

KusanoHitomi
日進店

草野仁美

通称、のんちゃん です。

のんびりしているからではなくて、
草野の の をとってのんちゃんです。
でものんびりマイペースな性格です(笑)

好きなものは、服と映画と古代遺跡と、
赤ちゃんや子どもたちと遊ぶこと!
ヘアアレンジが得意です♪

苦手なことは文章を考えること、、

2歳下の弟と13歳下の妹がいます。

現在はコーディネーターですが、
カメラマン目指して勉強中!

毎日、スタジオに来てくれる子どもたちにエネルギーと癒しをもらっています。
ご家族の皆さんとお話をするのも楽しみの一つです^^

スタジオでたくさん遊びましょう!!٩(^‿^)۶

我が家の末っ子

2018/2/9

434 0

2月に入ってしまい今更ですが、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします!ということで

2018年一発目のブログ!



年末年始休みはどこかへ遠出などはしていないですが、お正月らしいことと言ったら
例年通り仲の良い友達と集まり、神社へ年越しと初詣をしに行ったぐらいです。

おみくじは大吉でした!今年も楽しい年になる予感^^


皆さんはおみくじ引かれましたか?
初詣へ行くとつい引いちゃいますが、神社によっては凶が多いところもあるみたいですね!
逆に凶が少ない神社だと、むしろ凶が出たからラッキー!みたいなところもありますよね(笑)


まあそんなことは置いておいて、


今回は年末のブログで書いた画伯のことについて…
もとい、妹のことについてちょっと詳しく書いていこうと思います。


写真はもう4年も前のものですが、幼稚園から帰ってきて自転車の練習をしているところですね。
よく、家の駐車場で平気で1時間ぐらいぐるぐるしてました。


そんな妹は、私が中学1年の秋に生まれました。
13歳差なんです。一緒に出かけた時はたまにお母さんに間違われました(笑)
(間違われるほどあの時の私は老けていたのか…!?)

2つ下に弟もいるのですが、歳の離れた妹ができたことが本当に嬉しくて、
いつになったらお姉ちゃんって呼んでくれるかな!とか、
大きくなったら一緒に出かけたいな〜とかいろいろ考えていました。


名前も家族みんなで候補をあげながら考えました。残念ながら私と弟の案は採用されず…
でも、親が名付けた今の名前も気に入っています。


出産予定日が近づいたある日、私が学校から帰ってくると母はもう家におらず、
破水したからそのまま病院で手術してもらうことになったと連絡がありました。
もともと帝王切開での出産だとは決まっていましたが、思ったより早く母がしばらく家にいない状態。
しかも破水ってなに!?(その後すぐ父にどういうことなのか聞きました)
想像以上に寂しく、不安でした。


手術が無事終わり、元気な赤ちゃんが生まれたという報せを聞いて、
面会OKが出てすぐ父と弟と一緒に病院へ向かいました。

母に会えたことの安心感と、初めて妹の姿を見たときの感動は今でもよく覚えています。
第一声はたしか、「わぁ…!」だったような。(笑)

抱っこさせてもらった時に感じた重みと温かさ。
やっと会えたことが嬉しくて、こんなに小さな子が私の妹なんだと実感すると不思議な気持ちになりました。
いつか自分が親になった時も同じようなことを感じるのでしょうか。


私にとっては年が離れているせいか、娘のようでもあります。
赤ちゃんの頃からお世話もしていましたし、7ヶ月のときに初めてハイハイしたのも私が呼んだときなんですよ!
と言っても、一緒にハイハイの特訓をしたからだと思いますが、、嬉しかったですね!
「はーい」や「いただきます」を覚えさせたのも私です(笑)
笑顔の写真が撮りたくて頑張っていた記憶もあります。
とにかく可愛くて仕方ないです。こういう場合、姉バカというのでしょうか?(笑)

でも末っ子でまだまだ甘えたい盛りなのか、現在小学3年生なのに中身が幼いんですよね。
最近わがままだし、語彙は増えたけど話し方は年長の頃と大差ないし、すぐ怒るし。
朝は寝ぼけがちで、挨拶しても無視されるし(-᷅_-᷄ )
あと構ってほしがりというか、まず、家に帰るとくっついてきます(笑)
母曰く、「社会人になってから会う時間が減ったから、姉ちゃんにはまだ甘えたいんじゃない?
母さんには生意気なことばっかり言ってくるよ」とのこと。
なるほど。甘えてくれるのも今のうちなのか。
最近、くっつかないでよ!とか言ってしまうことを反省しました(⌒-⌒; )


妹の趣味は絵を描いたり、ものを作ること!
特に絵は独創的です。(前回のブログ参照)
よく、折り紙や粘土でいろいろなものを作っています。
たまに食べ物を使うこともあります。
食べ物で遊んではいけませんがこれぐらいはお許しください。



題「ハムで作った宇宙人」  作・妹  (2014年の作品)
※生活感が溢れているため背景に加工を施しております。

今でも唐突にこのようなことをするので、笑いが起き、会話が増えます。
我が家は妹中心に回っていると言っても過言ではありません。


最近、「お姉ちゃんが一人暮らししたらお姉ちゃんの部屋がわたしの部屋になるから、
お片付けするときは言ってね!わたしも手伝う!」
と、追い出しの言葉をかけられますが、これも優しさだと思い込むようにしています。


しかし、お姉ちゃんはもうしばらく実家にいる予定でーす^^残念!

だからこそ、いちばん近くにいる今を大切に過ごしていきたいです。これからもよろしくね!!

この記事をシェアする