Staff BlogNisshin

KusanoHitomi
日進店

草野仁美

通称、のんちゃん です。

のんびりしているからではなくて、
草野の の をとってのんちゃんです。
でものんびりマイペースな性格です(笑)

好きなものは、服と映画と古代遺跡と、
赤ちゃんや子どもたちと遊ぶこと!
ヘアアレンジが得意です♪

苦手なことは文章を考えること、、

2歳下の弟と13歳下の妹がいます。

現在はコーディネーターですが、
カメラマン目指して勉強中!

毎日、スタジオに来てくれる子どもたちにエネルギーと癒しをもらっています。
ご家族の皆さんとお話をするのも楽しみの一つです^^

スタジオでたくさん遊びましょう!!٩(^‿^)۶

話題の映画を見てきました

2018/10/31

169 8

「鼻の入り口にできものができてどう見ても鼻くそみたい」

 

ブログを書くときに使っているテキスト編集アプリに残されていた下書きです。

こんなことブログに載せようとしてたんか…と思ったのでした。

 

 

こんばんは!クサノです。

今月に入って、3つの新作映画を見ました。
本当は見たい映画がいくつもあるのですが、今期は気になるものだらけで追いつきませんね…

 

 

さて、今回はこの中でも一押しの『クワイエット・プレイス』のこと!
すでに見たという方もいるでしょうか。

 

 

これはもう間違いなく見たら一生忘れられません。
それぐらいの衝撃を受ける作品でした。
思わず息をするのも忘れてしまうほど。

 


ポスターにも書いてありますが、「音を立てたら、即死」という設定が斬新ですよね。
話の内容はまさに上記のキャッチコピーの通りです。
音を立ててはいけないということは、劇中の登場人物も声を出してはいけないので、ほぼ台詞なしで進みます。
言葉の伝達手段は手話でした。
音を立てないように真冬でも裸足で歩き、呼吸音にも気を使っているほどなので、溜息なんてつけないですね。
安心して寝ることもできないでしょうが、寝言なんて言った時にはもうアウトです。
緊張感が常に続くため、台詞がなくても見飽きることのない、内容の詰まった90分間でした。

 


レイトショーで見てきたのですが、怖さというよりは余韻、衝撃が大きすぎてその日の夜は眠れないと思いながら帰りました。(結局眠れました)
私が今まで見た中でいちばん恐怖を感じたのは『ドントブリーズ』という映画ですが、その作品に続いて忘れられないホラー映画でした。
それでも、怖いだけではなく家族愛もテーマにされているためじわじわと感動し、うわあああああそんなああああ!!と泣きたくなるようなシーンもありました。
子供への愛…泣ける…そして母強し。
ホラーやグロテスクなものが苦手ではない方にはとてもおススメです。

 

 

ぜひとも、「音を立てると襲ってくるもの」の正体を見てきてください。

この記事をシェアする