PhotogenicSendai

仙台市泉区の写真館 べたーん。

2020/2/14

301 0

lifestudio sendai

photo:gomei

codi:chiba

 

■あかちゃんの癖を見つけてみよう

近頃は子供の生活ペースに大人が合わせていくことがだんだんと慣れてきましたが、やっぱり気を抜くとダメですね。

里帰り出産を終え、同居が始まってみると、想像していた以上に自由な時間がないことに驚きます。

インスタを投稿する10分がなかなか捻出できない自分に、少し可笑しくなってしまいましたが、本当に驚きです。

男性で社会人の私がこのように感じているのですから、付きっ切りで見ているママ達は本当にすごいなと心から関心をし、尊敬します。

ですが、帰宅後の少しの時間ですが、不器用ながら世話をしていると、癖を知ることもあります。

癖というより、大人からすると謎です。

例えば我が子は、かゆいのか眠いのか、異様な強さと速度で顔を何かにぐりぐり押し付けるとか。

何かしらの癖みたいなものを発見すると、またそれも可愛いななんて思います。

大人がふっと笑ってしまうようなそんなことも。

 

撮影は大体60分くらいを予定していますので、その短い時間に1つでも見つけることができればみっけもんです。

でもほんと一瞬の出来事なので、見つけた時は頭よりも体をうごかせです。

感覚的には、流れ星を見つけた時に近いような。


■じっくり見るか、近くでみるか

これはカメラマンのスタイルに大きく左右されるので、正解はないと思います。

私は近くで見るタイプで、標準レンズをつけて撮影することもが多いように感じます。

使用レンズによって特性と焦点距離が異なるので、その瞬間の冷静さも異なります。

私の場合は、望遠レンズをつけると静寂の中にいるような感覚で、一枚一枚を確かに切り取る!そんな感覚です。

逆に標準レンズをつけて近くで撮影する場合は、もっと俊敏にダダダっと撮る感覚です。

私には後者が似合っているような気がします。

50mm以上の焦点距離を使って撮ることもできますし、35mm以下を使って広くとることもできます。

なんか瞬時の感覚的な部分の選択肢が多く感じるので、このようにいたしました。


■瞬時に遊ぼう

確かこの時の撮影はベッドでうつ伏せをしていました。

大人たちは全員「カワイイ~」と、歓声を上げていると、急に泣き出しました。

うつ伏せをしたくなかったのか、疲れたのか。

泣きながらぼてっとベッドに埋もれるように、手足を伸ばして「もうヤダ」こんな感じの雰囲気です。

なぜだが、このびたーーーーんと寝転ぶ姿を強調したくなり、広角に設定して、手足が伸びて写るようにコミカルに撮影していると。

なんと今の今まで泣いていた子が、こっちを見て「どう?」と言わんばかりの表情を向けています。

子供は子供で大人の反応をしっかりと見ているんですね、なんだかこれが彼女の癖に感じました。


■最後に

色んな写真を撮影しますが、素敵だなと思う写真には共通点があります。

それは、特性が出ていることだと考えます。

被写体なのか、撮影者なのか、何なのか。

何もないものは見ているのがきついものになってしまいますが、何かあることでぐっと面白くなるような気がします。

それは技術うんぬんより大切なことだと思い、平たく言うとカメラマンなら「どんなことを撮りたいか」そんな言葉に集約されるのではないでしょうか。


▼仙台店の写真をもっとご覧になりたい方はコチラ▼

https://www.lifestudio.jp/data_up/board_img/2da/2da152d3b4a39c09ff876d3a9a56f41f.png

 

撮影のご予約はコチラから

この記事をシェアする