Staff BlogSoka

Lisa Arai
草加店

新井梨紗

草加店の元気印、リサです。
全力で楽しい空間にしたいと思っていますので、持ち物は「元気!」を持ってきてくださいね^^
一緒に楽しく遊びましょう~!
@lisa_lifestudio

Butterfly ~Saito family~ 繋がることの喜びを教えてくれた家族

2019/2/17

363 3

~Saito family~

繋がることの喜びを教えてくれた家族

 

出会いは1年前。

草加店にて撮影のご予約をくださいました。

 

撮影予約の1ヶ月前、衣装の見学の為、事前来店くださいました。

 

見学の際には、衣装やインテリアを見て、ここがどんなところなのか、見ていただくことが目的です。

 

が、私は、「こんなスタッフがいます。」

という意味合いもあり、見学というファーストコンタクトの重要性を感じています。

 

今回は妹みーちゃんの七五三撮影。

見学の際に着物を見たい、というご要望があった為、着物も見ていただきました。

(ですが、結局見学の時点で決まらず。笑)

 

当日の撮影構成や、お兄ちゃんそうちゃんの衣装など、迷われていたことが多く、心配性なのかな?という印象も持ちましたが、お子様を思っているからこそ、なんだと思ったのです。

 

Saito Familyは過去に草加店をご利用いただいたこともありますが、その頃からインテリアも変わり、スタッフも変わりました。

 

草加店は初めてではないけれど、環境が変わってしまった草加店に不安を抱かないわけがありません。

ましてや、七五三というイベント。

お子様を大切にしている親御様の想いを汲み取って、私たちにとっては毎日の撮影も、お客様にとっては一生に一度のビッグイベントであること、

私たちは責任を持って撮影しなくてはいけない、と改めて気付く機会となりました。

 

安心して撮影に来ていただきたい、楽しい思い出を作って欲しい、という思いでお話をしていました。

 

たくさんお話をする中で、次第に撮影のこと以外の話もしていました。

 

おうちでドッグサロンを営んでいるだとか、

兄弟で阿波踊りを習っているだとか、

あれ?めちゃくちゃ家が近くない?とか。

 

気付けば帰るタイミングを見失っていました。

 

たくさんお話ししてくださるママと、人懐っこくて可愛いの塊、みーちゃん。

 

見学を終えて、絶対に私が撮影を担当すると、勝手に決めました。笑

 

当日、家族4人で来店。

みーちゃんは私のことをよく覚えていて、やっぱり懐っこくて可愛いすぎる。

ママさんもお会いするなり、リサが担当で、また会えて良かった!と嬉しいお言葉をいただきました。

見学の時の私を受け入れてくださったと感じてとても嬉しいお言葉でした。

 

ドッグサロンのオーナーであるパパにも、

近々ワンちゃんを飼い始める予定だった私の相談にも乗ってくださり、たくさんのアドバイスをいただきました。

オスよりメスの方が飼いやすくてオススメ!だとか、色々。

丁寧に教えてくださるパパから溢れ出る信頼感、ワンちゃん飼い始めたら絶対に通おう!と決めました。

(残念ながら我が家にワンちゃんはお迎え出来ずに今に至りますが…)

 

真摯に向き合ってくれる中にも、気さくにノリ良くお話ししてくださるご両親と、

可愛い子供達のSaito Family。すぐに惚れてしまいました。

 

撮影は、いつも以上に元気(むしろやかましい)私たちでしたが、最後まで温かく見守ってくださいました。

いつの間にか着付けの前畑先生とママが意気投合。

子供たちの撮影を全然見てないママ。笑

あれ?心配性ではないな???笑

 

みーちゃんの撮影は、笑顔が可愛くて、とっても素直でどんなポーズも上手にしてくれたので、撮影者としてもとっても楽しかったです。

兄妹シーンは、お年頃の兄そーちゃんを笑わせることに必死になりましたが。笑

 

私たちらしく撮影ができたのもSaito Familyの温かさがあったからだと思います。

 

そして全て解放された撮影後。

 

懐っこいみーちゃんが可愛いすぎて一緒に遊んだり、とにかく私には幸せな時間でした。

 

みんなで写真を撮ろう!

と撮影後に撮った写真。

全員でブルゾンちえみwith B

 

ナ  ニ  コ  レ

 

最高です。

 

最後の最後まで印象深い楽しい時間となり、再会を誓い、お別れをしました。

 

撮影後、少し日が経ってから、袴を入荷した草加店。

HP用にサンプルの写真が必要でした。

 

そこですぐに挙がった名前が斎藤家のみーちゃん。

 

サンプル撮影をさせて欲しい旨、連絡したところ、快諾してくださいました。

 

そして再会。前回の撮影時以上にたくさんお話しました。

 

とにかく!!笑いっぱなし!!

 

またもや楽しい時間となったのでした。

みーちゃんは私を溺愛してくれていて、そんなみーちゃんに溺愛していたのですが、

帰り際にみーちゃんが私の目を見て「ねぇねぇさえちゃん!」

 

「ん?(誰??!)」

 

まさかの名前は覚えてくれていませんでした。笑

 

とにかく印象深く色々なことを覚えています。

家も近いし、再々会の約束をして連絡先を交換して。

 

お家に招待してくださる、とのお話で、

みんなで遊びに伺う日を楽しみにしていました。

 

 

日程を決める為に連絡をしていた夏のある日、

兄弟で習っているという阿波踊りを地元のお祭りで踊るという情報をいただき、

呼ばれてもいないのに、「みんなで見に行きます!」と返事をしました。

 

本当に行かせてくれて、思わぬ再再々会。

 

一生懸命阿波踊りを踊る二人の姿にグッとくるものがありました。

衣装のせいでも、メイクのせいでも、祭りの雰囲気のせいでもなく、

何かに打ち込んで、それを一生懸命に取り組んでいる様子に

「親心ってこんな感じなのかな」と、独身の私は勝手に我が子の成長を見守る気分になったのでした。

 

誰でも参加していい時間もあったので、一緒に躍らせてもらいました。

(阿波踊りの経験はないので、我々下手くそすぎましたが)

 

そしてその後はご飯にも誘っていただき、

ご家族で行きつけのお店に連れて行ってくださり、また楽しい時間を過ごしました。

 

こうして撮影以外の場所で繋がれて、楽しい時間を共有してくださる

このご家族がより好きになった日でした。

 

次の約束は今度こそお宅訪問。

 

 

 

そして翌月に念願のご自宅にお呼びいただき、楽しい楽しいホームパーティー!

この日はスタッフ全員でお伺いしました。

 

もう再再々・・・?ん?もう何回目?

 

撮影をご一緒したのは私と甲斐ちゃんと前畑先生ですが、

日頃からHPやスタッフブログを見てくださっていたパパママさん、

草加店のこと、スタッフのこと、たくさん関心を持ってくださっていることが、

とてもとても嬉しかったです。。

 

撮影に携わっていないスタッフも呼んでいただいたこと、

「スタッフ」ではなく「個人」として一人一人を見てくださること、

とても愛情を感じました。

 

お家では、ママの美味しすぎるたくさんの手料理を用意してくれて、

パパの話は面白いし、でも真面目に話も聞いていただいたり、

楽しいゲームをしてくれたり、一緒にダンスをして遊んだり、

子供たちは献立も作ってくれて、お手紙までくれて、

会ったことのないスタッフとも楽しく過ごしてくれて、

とってもとっても楽しい時間を過ごしました。

 

 

 

会う度に楽しい空間を作ってくれるSaito Family。

 

Saito Familyとの思い出がいっぱいで、どれを振り返っても楽しい記憶しかありません。

Saito家はディズニーランドを超えた場所。

ライフスタジオのライバルはSaito Familyだったのかもしれません。

 

ほかの日には、

「草加店のお昼ご飯用にどうぞ^^」と、

ママの手料理をおすそ分けをいただく機会もあったり、

草加店のスタッフはみんなSaito Familyが大好きなのでした。

 

 

 

そして今年2月に予約をくださいました。

草加店に来ることが当たり前のような感覚でご予約をくださり、

また草加店にて会えること、とっても楽しみにしていました。

 

事前に打ち合わせしよう!とか、

今年は何やる?こんなアイテムどう?とか、

お互いにワクワクしてそれだけで話が弾みました。

 

2月が待ち遠しいなぁ〜と思っていたのですが、

そんな矢先、年末に突然のリサ異動決定。

 

年始より大阪店へ・・・!!

まさかの異動で、あれ?Saito Familyの撮影は??!!

と、一瞬心配にもなりましたが、お休みをいただくことができ、

Saito Familyの撮影日は、草加店に帰って来る決意をしました。

 

一応異動の件の連絡をママさんにしました。

とっても驚いて「明日うち来て!!!送別会しよう!!!」

と、急遽なのに私の為に送別会を開いてくださったのです。泣

 

またまたお邪魔させてもらい、

やっぱり美味しいママのご飯、やっぱり面白くて優しいパパのお話、

たくさんお話してくれて、一緒に遊んでくれて、そうちゃんコチョコチョに弱くて。

とにかくとにかく可愛い子供たち。

 

お手紙とプレゼントまでいただきました。

子供たちが選んでくれたプレゼント、大阪で使っています!

いつも一生懸命書いてくれるお手紙は宝物です。

また宝物が増えました。

 

素敵な時間、空間、思い出、プレゼントまで、

感動の連続でした。

 

 

 

気が付けばそれはいっつも、Saito Familyからいただいてばっかりでした。

 

こんなにも感動を与えてくださるご家族を尊敬し、愛さずにはいられませんでした。

 

たくさんのことを感じるのは、私がサービス業・接客業をやっているからなのか、愛に飢えているのか…考えてみましたが、

Saito Familyにたくさんの魅力があるから、周りの人を魅了させるのだと思いました。

 

こんなにも素敵なご家族に、私が何をして想いを返すことができるのだろう。

 

いつも私たちが貰ってばかりで、私からの気持ちはどう伝えたらいいのだろう。

 

お礼の言葉だけでは歯痒く、自分が不甲斐なく感じることもありました。

 

 

 

色々考えた結果、やはり私には一つしか武器がありませんでした。

 

写真を撮ること、です。

 

 

 

今回はハーフ成人式のそうちゃんがメインの撮影。

 

もちろん普段から真剣に撮影していますが、気持ちが入っている分、今回は特に集中していたような気がします。

 

自分でかけたプレッシャーのせいで、実は緊張していました。

 

大切なファミリー。

久しぶりの草加店での撮影。

そして、まさかの雪の日でスタジオ真っ暗。(冷や汗たらー・・・)

 

落ち着いて撮りたかったのですが、

正直バタバタした撮影になってしまいスマートにできなかったことが、

終わってから悔しい反省点となりました…。

 

今回は二枠取って、ママのお姉さん家族も一緒に従姉妹撮影をしました。

お姉様家族もとっても素敵なご家族で、丁寧で明るくて、子供達は素直で可愛くて。

素敵な人の周りには、素敵な人で溢れているのだな、と思いました。

 

そして写真の上映会!

この時間は私にとって、とても大切で、お客様の反応が励みや、時には反省に繋がる時間なのです。

 

写真を見て、笑ってくれたり、驚いてくれたり、喜んで頂け、その日ようやくホッとしました。

 

今回は原本の中にモノクロ写真を入れたのですが、パパが即座に「モノクロいつも入れないよね??」と、原本の変化に気付いてくれていました。

今度こそスマートに決めたくて「いや〜普段からよく撮りますけどね〜」なんて言いましたが…そんな頻繁に使っていません。嘘つきました、すみません。

 

そして恐る恐る「モノクロ…どうですか?大丈夫です…??」

と伺うと、「良い!!」と言っていただけたので、また内心ホッとしたのです。

 

Saito Familyにはいつも楽しい時間、愛が溢れる空間、たくさんの記憶に残る思い出、

今までたくさんいただいた分、写真で想いを返そう、撮影した結果、

喜んで頂けて、やっと私の存在意義を感じることができたのです。

 

「お客様」に満足していただきたい、から、

「SaitoFamily」にただただ喜んで欲しい!という想いでした。

 

撮影後にママからの連絡で

「もっと小さい頃から撮ってもらいたかった!」

「リサちゃんがママになっても子供達の写真撮ってね!」

と連絡をいただいた時には、一人泣きました。

 

出会えてよかった・・・。と心の底から思いました。

今回は私があげたかったのに、また愛のある言葉を貰ってしまいました。

 

表現力のない私には「大好き」以上の単語が浮かびませんが、

大好きを超えている。

 

無償の愛情をたくさんいただいたことで、心から【繋がっていたい】と感じたのです。

そしてSaito Familyと繋がれていることを幸せに思います。

 

親戚のような?友達のような?

「スタッフとお客様」という関係を超えさせてくれた、大切なファミリー。

 

 

 

 

これからも・・・

そこには楽しい空間があるから。

この記事をシェアする