Staff BlogYoyogi

Soo
代々木店

Soo

鈴木 亮平(スズキ リョウヘイ) @soo1990
1990年生まれ福島県いわき出身の日本人カメラマン。1998年ゲームボーイカセット「ポケットカメラ」で写真活動を始め、日常風景撮影と写真集制作の趣味をもつ。2012年ライフスタジオ大宮店入社。本格的に写真を生業にする。同年からライフワーク「SAQ」鳥取砂丘での作品撮影を始める。2015年に日本人一般女性と結婚、2016年に長男が誕生。同年より大宮&代々木店で店長を務める。

始動。FOTO-NO-MISO〜写真撮影を楽しむ25の引き出し〜

2017/11/13

631 3


はじめに

 あなたにとって、写真とは何ですか?

私にとって写真は、人生を楽しませる方法と機会を与えてくれました。

ここライフスタジオという場所でも、日々独特と写真撮影の楽しみ方を追求しています。

 写真撮影は楽しいですか?

「みんなが写真を通して人生を楽しむ」これは私のちょっぴり控えめな夢です。

これから、頭の引出しから私の撮影方法や写真のつくり方を引っ張りだして紹介していこうと思うのです。楽しんでる人はそのままに、楽しめてないなって人はよかったら引出しを覗いていって下さい。

でも、それをそのまま真似してほしいというわけじゃないことを最初にここではっきりさせておかせて下さい。本当のところは他人に写真撮影を指南するなんて恐れ多いし、そもそもどうやったらあなたがあなたらしく写真撮影を楽しめるかを教えることなどできない。あなたには自分自身でいられる独自の方法を見つけ出してもらいたい。

どう写真を楽しむかのアドバイスなんて私は教えない。私がやることなんてやらないほうがいい。あなたがやりたいことをやってほしいのです。自分のスタイルでいることが大事だから。

自分にとってふさわしい写真撮影や自分の中で辻褄が合うことを見つけ出せば、誰でもスタイルを持つことができる。しかし自分のスタイルがなかなか見つからなかったり、何もアイデアが出てこないときが誰しもあります。そんなときにはよければこの引出しをお使い下さい。

 

※これはいい写真撮影をつくるための指南書(マニュアル)ではありません。

楽しい写真撮影の裏にある“考え方”のひとつを、よかったら有効な知恵として共有できればと思います。

 

 

つくりかた

パターン・ランゲージという手法を使用する。

パターン・ランゲージとは 

・何かをつくるときや実践するときの
状況に応じた判断のセンスを共有・活用する方法。

・過去の成功に潜む共通パターンを言語化する。

・各「パターン」には、問題発見+問題解決の実践知が記述される。

 -どのような状況のときに

 -どのような問題解決が生じやすく 

 -それをどのように解決すればよいのか

 

内容

撮影におけるさまざまな「状況」において抱えがちな「問題」がどのようなものであり、それをどのように「解決」することができるのか、具体的で簡単な言葉に置き換えて類型化する。

また、よりよく写真撮影を楽しむために、撮影者・被写体・周囲のそれぞれが、具体的にどのように行動したらよいかを示す。

ある撮影者の工夫を知ることで、直面している問題を解決したり、これから直面するかもしれない問題を事前に回避したりすることができるようになるよう記す。

 

形式

1.私の撮影を楽しむための実践的な工夫を文章で共有

2.具体的にどのような行動を起こすことができるかを記述
 以下項目

 名前(Name):その工夫を表す「ことば」 

 状況(Context):特定の状況

 問題(Problem):その状況で陥りがちな問題とその原因 

 解決(Solution):問題への解決策とその実践例 

 結果(Consequence):問題が解決された後の効果


この記事をシェアする