Staff BlogYoyogi

Soo
代々木店

Soo

鈴木 亮平(スズキ リョウヘイ) @soo1990
1990年生まれ福島県いわき出身の日本人カメラマン。1998年ゲームボーイカセット「ポケットカメラ」で写真活動を始め、日常風景撮影と写真集制作の趣味をもつ。2012年ライフスタジオ大宮店入社。本格的に写真を生業にする。同年からライフワーク「SAQ」鳥取砂丘での作品撮影を始める。2015年に日本人一般女性と結婚、2016年に長男が誕生。同年より大宮&代々木店で店長を務める。

FOTO-NO-MISO 4

2017/11/30

484 0



被写体の格好が、ぎこちない

 

▼そのとき

被写体は影に向き合おうと意識し緊張しているため、重心をどこにもあずけられていません。逆に無意識でリラックスした被写体は、何も誘導せずとも常に身体のどこかに重心がのっています。いかにも壊れそうな、足もつかない背もたれもない高い椅子に座らされるのを想像してみましょう。けして落ち着くことなんて出来ず、椅子に座ることだけにしか意識が向かない。何もない空間に立たされカメラを向けられようものなら、緊張状態の被写体は棒立ちになることだろう。

 

▼そこで 

重心をあずけられるような声がけや誘導をしてから撮影をはじめるようにする。(その前に緊張がほぐれるような会話でリラックスした撮影空間をつくることが大切。そうすると誘導せずとも自然に重心をあずけてくれます。)ソファーの肘掛け・背もたれ・クッション・そこら中の壁や段差。あらゆる場所で重心はあずけられるので全て活用してみます。
 

▼その結果

被写体から不自然さがぬけていき、魅力的な仕草を引き出したり、ポージングがつけやすくなります。さらに身体の重心があずけられる箇所が多ければ多いほど、ぎこちなさがなくなり、さまざまなポージングの変化もつけやすくなります。
 


 

Category ひと

この記事をシェアする