Staff BlogYoyogi

Soo
代々木店

Soo

鈴木 亮平(スズキ リョウヘイ) @soo1990
1990年生まれ福島県いわき出身の日本人カメラマン。1998年ゲームボーイカセット「ポケットカメラ」で写真活動を始め、日常風景撮影と写真集制作の趣味をもつ。2012年ライフスタジオ大宮店入社。本格的に写真を生業にする。同年からライフワーク「SAQ」鳥取砂丘での作品撮影を始める。2015年に日本人一般女性と結婚、2016年に長男が誕生。同年より大宮&代々木店で店長を務める。

#372 鈴木家的★ホームビデオの残し方

2020/3/2

292 2

一昔前、私が小さかった頃のビデオは、まだカセットテープに記録するものでした。

「vhs ビデオカメラ」の画像検索結果

七五三やお遊戯会、運動会などのイベントビデオは今でも残っています。

今と比べると、一度見たら巻き戻さなければならないし、経年劣化も著しいし、カセットテープは場所をとります。今のビデオはなんて便利なんだろうと思います。

しかし良い面もあって、デジタルビデオカメラに比べて容量も少ないので、撮影しすぎることもなければ編集も必要ない。

そんでもって私は経年劣化してザラついてしまうのが経年を感じられて、いかにも昔にタイムスリップさせてくれる質感が好きなのです。

なので最近はめっきりVHS Camcorderというビデオアプリを利用しています。

「rarevision vhs」の画像検索結果

この4K動画撮影が話題になるいま、VHSテープ画質の動画を撮るアプリを使用するなんて。。。奥さんにもたまにチクリとされます。

しかしこれが今の気分。写真はたまにしっかり綺麗に残して、動画はVHS。

動画を後からVHS化することはできず、アプリ内で撮影する仕様になっています。

画面を見ながらノイズの出し方や色味も調整できますので、お好みのVHS時代のアナログビデオカメラをお楽しみください♪

 

以前にアプリで撮ったものをただただ繋いだホームビデオです↓

 

 

 

この記事をシェアする