店舗フォトジェニック集Photogenic

鏡の世界

投稿日:2022/9/9     更新日:2022/9/9

447 1

 

「鏡の中にはもう一つ世界のがある」

いつどこで聞いたのも解らないことばですが、私の記憶の片隅にあったことば。


世界には鏡にまつわる噂や作品、物語が多くある。どれも非現実的でワクワクするような、しかしすこし怖いような…

 


新しい写真の取り組みとして掲げたキーワードは「鏡」

初めはただのツールとしてしか考えておらず、鏡で何か反射させようか、手鏡を持ってもらおうか、化粧台の鏡をのぞいているところを写そうか…

色々試している中、ふと冒頭の「鏡の中にはもう一つ世界のがある」という言葉が頭をよぎった。

鏡に映る姿というのは当たり前だが反転している。顔の造形も髪の分け目も利き手も仕草もすべてがいつもと逆。

本人にとってはいつも見慣れている自分が映り、本人以外はいつもと逆の違和感のある姿が映るのだ。

 

これは当たり前だが、とても面白い事だと思った。

85カットという流れの中にこの一枚を入れることでささやかだが嫌ではない違和感を覚える不思議な写真を提供できると思った。

 

せっかくなら「鏡」をインテリアとして写そう。

既に設置されていたインテリアの箱に別エリアに置いてあったインテリアの鏡をセットし撮影したところ、いい塩梅に。

しかし箱の内側が黒く、そのままでは箱に視線をとられてしまうのでパールの白で黒の割合を減らしてみる。

二人にはあえて鏡ではなくお互いの顔を見てもらった。

二人はお互い実際の姿を見合っているが、それは本人にとってはいつもの自分ではなく反転した自分。

写真に写っている二人はお互い反転した姿だが、それは本人にとってのいつもの自分なのである。

 

 

鏡の中の世界には実際の自分ではなく反転した「いつもの見慣れた自分が居る」とおもうと、

頭では理解してるが実際は反転した自分を「自分の姿」だと認識していると思うと改めて不思議でしかたがない。

 

そんな「見慣れた自分」が居る写真を提供する85の物語の中に入れ込みたい。

今後も更に「鏡の世界」をアップグレードしていこうと思う。

 

LifeStudio Yotsukaido - ライフスタジオ四街道店

 

Photo : Eri

Coordinator : Mai

Written by Eri

この記事をシェアする