MVP店舗MVP Studio

山口県で人間味溢れるアットホームな写真スタジオ「ライフスタジオ下関店」の魅力をお伝えします!

2020/2/28

1082 1

ライフスタジオで今月のMVP店舗をご紹介致します‼


今月のMVP店舗はライフスタジオ下関店です。下関店ではライフスタジオという名前にもあるように「人生の写真館」として、自分たちのあるべき姿、下関店のあるべき姿、写真で伝えていきたい本当のものとは何かを模索し、実践し、共感し、再確認しています。人生の写真館とは何かを日々考え実践し続けるからこそ生まれるものがあります。今回はMVP店舗に輝いたライフスタジオ下関店を【写真】を中心としてその魅力をご紹介いたします。

いくらカメラの性能が上がっても、
撮る側の人間性が現れるのが写真です。
人生の写真館としてできること…
そこに着目しながら、人間味溢れるアットホームな下関店で生み出されるお写真をご覧ください。
 


ライフスタジオの七五三写真をもっと見る
下関店の七五三撮影の枠には限りがありますが、その中で、その瞬間の存在感や喜怒哀楽も含めその人らしさを自然に残しながらも、ベーシックな1枚もできる限り残すことを念頭に入れています。写真の主人公のこどもたちがいつかおじいちゃんおばあちゃんになった時までも、お孫さんに「良い写真だね」と言われるように、着物姿を美しく、いい意味で日本文化の継承ができればと思っています。(もちろんこれ以外に着物で自然な雰囲気も撮っています!)

2世代上にも2世代下にも喜んでもらえる写真を残すこと。
主人公自身がのちに振り返って見ても恥ずかしくない写真であること。

ライフスタジオであり、写真スタジオであるからこその役割を考えています。


この仕事を通して願っていることでもあり、
それと同時に全ての人がどんな風に生まれてきても
生きていける社会になっていくことにつながるよう、
写真館というものが写真を写し、
提供をするというサービス業だけでとどまるのではなく、
それ以上に社会福祉としての役割を持った
側面を担えればいいのになぁと昔からずっと思っています。

写真を写すことであれば誰でもできる時代です。
その中で写真館という形態を選びライフスタジオと名乗り
人生の写真館と謳っている時点で
そこにフォーカスを絞ることも必要であって、
もう少し大切に、もう少し具体的に
この仕事の価値を提案していきながら、
限定された人だけのものではなく、
大切な人との写真を残したいという
希望があれば叶えられるように、
ハンディを持つご家族や車いすでの撮影を
行えるようにしたりと準備してきました。

大切な人を大切に想える空間の中で、
これからも自分たちらしく生きていこうと、
そっと思える場所でありたいです。




ライフスタジオ下関店でのハーフ成人式は、特に着物や袴を置くのではなく、ハーフ成人式は基本的には「自分らしいスタイルで」というものを提案しているので、夢中になっているものをお持ち込みするパターンも多いです。


成人撮影では、着物も人物も美しく撮ることが大前提。ベーシックなものも頭の先から指先つま先まで気を付けながら撮影し、それ以外にも見逃されそうな角度や視点でその人独自の美しさを撮影できるよう、ライフスタジオで撮る理由を私たち自身も考えながら写真を提供しています。



下関店のライフワークでもある写真展。2020年に第5回目を迎えますテーマは『LIFE is』です。下関店をはじめた頃から決めていたテーマでもあり、自分が自分として生きていること、自分が出会った人と同じ空間にいること、それが家族という存在であること、それをふまえてこの場所で撮った写真を見ながら、人生について何か少しでも感じてもらえていることがあるのかどうか、お客様にもそれぞれのLife isを募集しながら5年間の記録としての展示を行う予定です!
詳しい内容は下関店のOur Storyの「LIFE is」をお読みください♪
https://www.lifestudio.jp/studio/shimonoseki/ourstory/172068

こちらのご家族はライフスタジオ下関店第1号のお客様です。
5年間を通じて関係を築いてきました。
フォトジェニックの最終候補にも選ばれました。




大切なことはきっとシンプルで、今こうやって一緒にいることだけで十分なのかもしれない。そんな気持ちで最大限シンプルに、変に笑わせたりもせず、純粋にどんな風に隣り合うのか、モノクロの撮影にも挑んでいます。

『タイムマシーン』

こちらのお写真はライフスタジオのフォトジェニック候補の3枚のうちの1枚に選ばれました。

<このお写真に寄せられたお客様からの声>

素敵な写真ですね。耳たぶを触るクセ、かわいいです。
我が家はまだ3歳になったばかりの娘ですが、タイムマシーンで出産の日に戻りたいなとしみじみ感じさせてくれるお話でした。
娘が私の顔に自分の顔を乗せて寝るクセを思い出しました。
敢えてモノクロなのもタイムマシーンのお話と合っていて数十年後に見たら感慨深いものがあるでしょうね。

 

コラムでも紹介されているライフスタジオ下関店の家族写真についても是非お読みください!


フォトスタジオで我が家らしい家族写真が撮りたい方へのユニークなアイディアをご紹介!

 

そんなライフスタジオ下関店の様々な写真や日常が見られるのは¥こちらから

ライフスタジオ下関店のホームページ

ライフスタジオ下関店のインスタグラム

ぜひ深い考え方を持った2人のいる下関店に遊びに来てください♪写真展への訪問も大歓迎です^^

 

 

記事: sayako

この記事をシェアする