Staff BlogKokubunji

TANTAN
国分寺店

丹生阿里沙

丹生と書いて
「たんしょう」と読みます!
ご挨拶をすると
よくタン塩に間違えられます。
たんしょうです!

撮影の時間自体が
楽しい思い出になるように
心に残る
あたたかい写真を撮っていきます。

よろしくお願いします♪

「いつも」の場所で。

2017/9/19

335 0

窓前のインテリア。
国分寺店では、ここで後ろ向きのショットを撮ることが多い。
後ろ向きの写真は顔が見えないため、イメージを持たせなければならない。

ここでよく撮るから、撮る

というのは惰性であり、バリエーションの1つに過ぎない。
なぜ後ろ向きを撮るのか。



2枚目の写真は私が1年前に同じ男の子を、窓前で撮った写真である。
1年前の私は、赤ちゃんだったこの男の子の動きを必死で追い、

「あ!後ろ向きの例のこの場所!」

という意図でこの写真を撮ったであろう(たぶん)
良く見てみると、アングルが高いため下に余計な線が入り、
左部分も無駄な余白と線がある。


今日、この男の子が2歳になって撮りにきてくれた。
この1年で、
むちむちの赤ちゃんから、車と電車が大好きなお兄ちゃんになって。


ほら、ここから電車見えるよ。バスも来るかな?


彼は身長的には十分に窓から景色が見えるのに、
夢中になってしまい、足がつま先立ちになっている。


かわいいなぁ。


そのかわいいつま先立ちが引き立つトリミングは?
ぎゅうぎゅうにトリミングしようかと思ったが、
あえて引き写真でインテリアと自然になじむように撮影した。

シャッターを切る前に

あぁ、昨年もここで撮ったなぁ。
大きくなったなぁ。

と思いを馳せて。


「いつも」の場所で、何をイメージするか。
写真が大きく変わってくることを感じた1日でした。
 

この記事をシェアする