Staff BlogKokubunji

TANTAN
国分寺店

丹生阿里沙

丹生と書いて
「たんしょう」と読みます!
ご挨拶をすると
よくタン塩に間違えられます。
たんしょうです!

撮影の時間自体が
楽しい思い出になるように
心に残る
あたたかい写真を撮っていきます。

よろしくお願いします♪

光とインテリアと被写体と

2018/7/2

249 0

国分寺店には本館2階、1階(車の部屋)そしてアネックスの

3つのインテリアがあります。

アネックスのインテリアは、大人の撮影ができるようにも作られているため、

シックな雰囲気が漂っています。

私はアネックスに撮りに行くといつもワクワクしてしまいます。

今日はどんな新しい光に会えるだろうか!と。

 

国分寺店に来て頂いたことがある方ならご存知ですが、

本館のインテリアは光がさんさんと入り、

光に満ち溢れる美しい写真を撮る事ができます。

アネックスは、電気をつけない状態だと、入り口から差し込む光のみ。

光が無い0の状態に、どのように光を入れて1とするか。

 

真っ白な紙の真ん中に、マークを描くだけで、視線がそのマークに集中するように

光が無い状態に「有る」を存在させるだけで、視線はそこへ引き付けられます。

 

しかし、ピンポイントで集中させるだけでなく、

インテリアとの調和も考えなくてはなりません。

 

大人の雰囲気を少し醸し出す

彼女の凛としたしとやかさ。

そしてシックな階段のインテリア。

サイドからくる光のみなので、光の方向に彼女を向かせ、

何気なく、髪の毛をいじってもらう。

 

光とインテリアと被写体が

カチっとはまったとき、

1枚の写真の魅力が輝きだすでしょう。

 

新たな写真に出会えるように

日々、探していきたいです。

この記事をシェアする