Staff BlogKokubunji

TANTAN
国分寺店

丹生阿里沙

丹生と書いて
「たんしょう」と読みます!
ご挨拶をすると
よくタン塩に間違えられます。
たんしょうです!

撮影の時間自体が
楽しい思い出になるように
心に残る
あたたかい写真を撮っていきます。

よろしくお願いします♪

また会う日まで

2018/11/17

290 2

この仕事をしていると

「縁」という見えないつながりをとてもよく感じます。

 

たまたまいつも撮影には入れたり、

たまたまいつもコーディネーターを担当できたり。

 

ライフスタジオでは、カメラマンもたまにコーディネーターを担当します。

ただ、国分寺店ではいまカメラマンが3人のため、基本的にはカメラに入り、

カメラマン同士が組むときだけ、コーディネーターになることができるのです。

 

今日は久しぶりにコーディネーターを担当。

服のコーディネートができたり、来てくれてる子たちといつもより近くになれるので楽しい時間。

 

最後の回に来てくれた彼女は、これまで3回国分寺に来てくれていて、

今日スタジオに来るのは2年ぶり。

前回、私はコーディネーターで入り、とても思い出深い撮影だったので、よく覚えていた。

そして今回も、たまたまコーディネーターに。

入口に入ってきてくれて、そして挨拶。

「久しぶり~^^お姉さん、2年前も一緒に遊んだんだよ~」と伝えると、

「たんたんのこと、覚えてるんだよね」とママさん。

どうやら、ライフスタジオの前の道を通るたびに、

「たんたんと撮影した場所」

としっかり覚えてくれていたという。

 

前回の撮影は2歳のとき。

2年前の小さな彼女に、私という存在が残っていたなんて!!

嬉しくて撮影前から涙目でハグをしてしまいました笑

 

嬉しいな~~~!!!!

 

そこからルンルンでコーディネーターに入り、

沢山笑ってたくさん遊んで、

彼女とまた新しい思い出を作って。

 

モニター中に

「もうすぐ終わっちゃうね」

彼女がそう言ってくれて、なんだかまた涙目に・・・

 

良い仕事だなぁと噛みしめた1日でした。

 

パパさんにも「次来たときはたんたんに撮ってもらおうね」と言ってくれて、

感涙です。

 

久々のコーディネーターを担当して、

良い事づくしの1日。

また来年会おうね。

また会う日まで。

この記事をシェアする