Our StoryKoshigaya

☆ハッピーバナナバレンタイン☆

2019/2/16

295 16

こんばんは!

ポッキーは食べれないけどトッポは食べれます。越谷店のなすです^^

 

さてこのトップ画像のバナナさんは一体何を持っているのでしょうか。

話は先日の「バレンタインデー」にさかのぼります……

 

今年のバレンタイン、越谷ガールズは

「バナナさんにちなんで、チョコバナナを作ろう!」

と意気込みました。

が、これが悪夢の始まりなのです……

 

某日、チョコとバナナ(あとおまけにイチゴ)を仕入れた私たちは、早速チョコバナナの準備を。

 

ハプニング① 予想外の出来事が起き、バナナの量が増えてしまう

 

 

←私たちが買ってきたスーパーで98円のバナナ

→たかのりさんが(当日うっかり)買ってきたコンビニで200円くらいするバナナ

なぜこの日に限って買ってきてしまったのでしょうか。そう、すべてはバナナさんの気まぐれです。

 

 

そしてチョコを砕いていきます。

この手はなおちゃんです。私はチョコが嫌いなのでできるだけ触りたくありません。

 

ハプニング② なす、23年間生きてきて初めてバナナの皮をむく

 

見てください。これが一生懸命バナナの皮をむく成人済み女性です。ぎこちないですね。

私はバナナも嫌いなので皮をむいたこともありませんでした。

言うほどハプニングではありませんね。私がハプニングしてるだけです。

 

 

バナナが綺麗にむけました。いいですね。

しかしこのあと悲劇が起こるのです。

 

ハプニング③ 思ったよりチョコがうまくつけられない

 

わたし、チョコバナナって簡単にできると思ってたんです。

舐めていました。

 

 

全然うまくつかないじゃないか!!!!!!!!!!

 

これには越谷ガールズもびっくりです。なんてたってこの日は越谷の料理番長まなみさんが不在の状況。そりゃうまくできないわけです。

全然つかないし乾かないし、割り箸さしたら貫通してしまうし。

 

なんてこった。屋台のチョコバナナみたいにならないぞ。

 

そして私たちは考えました。

 

セルフチョコバナナにすればいいじゃないか!!!!

 

つまり、「バナナは切っておくから自分でチョコをディップして食べようね」スタイルです。

チョコがうまくつかない問題も、チョコが乾かない問題も一気に解決しますね。とても機転が利いています。

 

しかしここでさらに事件が。

 

ハプニング④ チョコ、ぱさぱさになる。

 

ディップする流れになったものの、食べる前に固まってきてしまったチョコ。

なおちゃんが温め直してくれたのですが、戻ってくるとチョコがこんな状態に。

 

 

ぱさぱさじゃないか!!!!!!

 

なぜこうなってしまったのかなおちゃんに聞くと、

 

なおちゃん「電子レンジであっためたんですけど………」

 

知ってますか?チョコって温度が大事なんですよ。

なんとなおちゃんは電子レンジで高温でチーンとやってしまったそうです。

それで焦げてしまったんですね。

 

ハプニング⑤ 突然の沸騰

 

これじゃ失敗だな…と思っているとそこでたかこさん登場。

 

たかこさん「お湯であっためなおせばいいんじゃない?」

 

そうして沸騰した鍋に皿を入れるたかこさん

 

いやいやいやいやいやいや!!!!!!!ちょっと待ってください!!!!!!

 

沸騰した温度じゃ高すぎるんですよ!!!

50℃くらいでいいんです!!

なんでチョコが嫌いなわたしが一番チョコの扱いを知っているんですか!!!

というかもうこの状態じゃ再生不可能ですよ!!

 

そんなわけでこのチョコはお亡くなりになってしまったのですが

予備を取っておいたため、なんとか二回戦を行うことができました。(本当によかった)

 

そしてできあがったものがこちらになります。

 

 

はい。これがセルフチョコバナナ(と、イチゴ)になります。

潔いですね。

食べれればいいのです。

 

そして冒頭でバナナさんが持っているのもこちらでした。

 

いい笑顔ですね。ありがとうございます。

「え?なにこれ?罰ゲーム?」と言わせてしまって本当にすみません。

 

 

みんなでディップして食べていきます。

ちなみに先ほどのお亡くなりになったチョコもちゃんと食べました。

たかこさんいわく「生チョコみたいで意外と癖になる」だそうです。

なすはチョコ食べれないのでずっと鑑賞してました。

 

 

 皆で美味しく食べました☆☆☆(終わりよければすべてよし)

 

来年はチョコフォンデュの機械でも買って、おとなしくバレンタインしましょう…………

と誓った越谷ガールズでした。

 

 

 

この記事をシェアする