Staff BlogKoshigaya

Manami
越谷店

Manami Saito

Manamiです。
昔から何かを作り見てもらう事が好きでした。
今は写真をというお仕事をさせてもらえる事がとても幸せです。
みなさんの想い出を一緒に作らせてください!
趣味が沢山あります!
漫画にアニメ、ライブ・・・若手俳優さんの舞台にもよく行きます。ミーハーです。
今はもっぱらK-POPです。笑
SEVENTEENというアイドルに捧げています・・・笑
是非韓流トークしてください♪

イメージを持つ

2019/12/31

149 0

coordinator by Naomi
photo by Manami

 

写真を撮影するとき画面の中で色々なことを決めていきます。

光の量、

被写体の位置、

被写体の大きさ、

写したい角度、

露出、

インテリアの位置、

などなど…

そしてその中でとても大事なのがポージングです。

 

もちろん写真を構成する要素は上であげた事だけでなく色々ありますが

被写体が取っているポーズで写真の全体的なイメージが決まると言っても過言ではありません。

 

だから今目の前にきるその子に1番適したポーズは何かを考えていかなければなりません。

今目の前にいるその子の

服装、小物、顔の形、体型、身長、性格、その場所の背景、光の量、など…

ポーズには自然なポージングと

指定するポージングと大きく2つあると考えます。

自然なポージングをその名前の通り自然な仕草に見えたり、自然さを誘発させて取るポージングです

指定するポージングは被写体にポージングを指定して写真の雰囲気、その子の雰囲気に適して設定するポージングです。

 

どちらのポージングもようは人間がポージングを指定をしているのですが

年齢や被写体の状態によって自分が希望していても選択が難しい場合があるので、相手の状態を核にして選択をする必要があります。

 

ポージングを設定する時、色々な場所を見ます。

 

まずは座らせるか立たせるか

座らせたら顔の位置をどうするか

腕をどこに配置するか

小物をどう使うか

表情はどんな表情がいいか

 

しかし長々とポージングを設定するのでは相手も困惑してしまいます。

ある程度被写体へのイメージを持ってポージングを付ける必要があります。

 

ポージングというのはポーズを付ける事がポージングではなく、

ポージングというものを表現するために、そのほか様々な構成される要素を含めて「ポージング」なのだと思います。

 

彼女はライフスタジオに来てくれる年齢の子たちよりだいぶお姉さん。

なので、普段小さな子どもたちにしてもらっているポーズを選択してしまうと、

今の彼女の雰囲気に対して違和感が出てしまう可能性があります。

彼女の年齢に見合ったポーズを考える必要があります。

 

今回彼女が着用していたお洋服は上が少し大きめのニット、下はコーデュロイ生地のスカートで両方とも流行りのシルエットのデザインです。

デザイン性のある衣装だからこそ、身体の動きが少しわかるようなポーズを提案し、

頭から足先までの動きの中に、靴を小物として持つことで空間を埋める様なイメージで手持ち無沙汰になってしまう手元に動きが出るようにしました。

この時間は冬の日の光が落ちてしまった後。

でも、日の光が無いからこそ、インテリアの光とライトボックスの光を最大限に活かす事ができます。

彼女の年齢と雰囲気に合わせて被写体やインテリアも含め、画面全体に陰影の差があり、

美しいけど、かっこいい、そんな雰囲気になるように光を調整しました。

 

私たちは常にどうすれば被写体が美しく、

どうすればより鮮やかに

目の前にいる被写体の子たちを活かせるか考えながら撮影をしています。

写真は芸術的な要素も持っているけど、

私は写真の持つ想い出という性質に惹かれます。

その時の、その場所でしか感じらなかった思いが写真の中に詰まって、記憶がぶわっとよみがえります。

思い出の写真のを見た時に、

少しでも被写体自身が幸せな記憶や楽しかった時間が思いだせるように

そして相手をより素敵により可愛く、かっこよく撮影できるように努力していく事がカメラマンとして私が持っているべき変わらない目標だと思います。

 

 

この記事をシェアする