店舗フォトジェニック集Photogenic

想像を越える

投稿日:2021/2/28

240 0

Photo&Write by Lisa

Coordi by Kiki

 

日々撮影する中で私たちは何を目標にして、意識して写真を撮るべきなのでしょうか?

 

「美しく表現し、思い出を記録する、楽しい遊びの空間」

 

これらをモットーとし、全力を尽くすべきです。

 

「美しさを表現する」ということは容易ではありません。

技術も知識も必要になりますし、

何より被写体を観察する目が必要であると思うからです。

 

赤ちゃんって、とっても可愛いです。

どう切り取っても、赤ちゃんという存在がもう可愛いのです。

だからこそ、その赤ちゃんの特徴を掴み、表現する工夫が必要になります

「美しさを表現」することが私たちのミッションだとすると、普遍的な写真を撮るだけではない、その子だけの特徴を捉えた独創的なオリジナル写真を撮ることも、「美しさを表現する」ことと言えると思います。

 

赤ちゃんといえど、個性があります。

その子の特徴と言える魅力があります。

 

むちむちのボディをそのまま切り取るのではなく、

より特徴が魅力として魅せられる、表現で写真に残すことで、

後々思い出として残るのです。

 

顔が見えていない写真は求められていないのでしょうか?

笑顔の写真だけがいい写真なのでしょうか?

 

写真の価値は時間の経過と共に増していくものだと思います。

 

その子の記録が、いつか宝物になります。

 

今だけのこの子の特徴が、懐かしく思える日が来ると思います。

 

私たちは誰かの宝物を作る事ができます。

そんな大事な機会を、大切にする為、私たちは日々、人について写真について学び追求していく必要があるのです。

 

これでいいや、と思っていたら、そこで成長は止まります。

寄り添えるレベルもそれまでではないでしょうか。

 

私たちは求められているものだけを撮るのではなく、

想像を超える感動を提供していかなくてはならないと思います。

 

だからこそ、技術を追求することも、人に寄り添うことも、終わりがないのです。

 

この記事をシェアする