PhotogenicOsaka 1st

日常を

2019/1/29

527 2

Osaka 1st Photo

 

Photo by Lisa

Coordi by Keita

 

よく考えます。

 

私が撮りたいと思う「自然な写真」とは何か。

 

なぜ「自然な写真」を撮りたいと思うのか。

 

 

 

自分で撮った写真の中で特別お気に入りの写真を並べると、

カメラ目線の写真は多くありませんでした。

 

何か動作をしている写真。

気を取られて何かを見つめる写真。

誰かと向き合って笑っている写真。

一瞬のふとした表情。

などなど…

 

共通点は、カメラを意識していない写真でした。

 

いつもの様子をこっそり撮ったような、そんな写真が私は好きみたいです。

 

そして大阪店に来て気付きます。

ベッドの上で撮る家族写真が好きなことに。

 

今まで在籍していた草加店にはなかったベッドエリア。

ベッドエリアの魅力にはまりつつあります。

 

親子で寝っ転がったり、兄弟でクッションを投げ合ったり、子供に本を読み聞かせしてあげたり、

「ベッド」という空間は私たちの日常にもあって、数々のお洒落な他のインテリアと比べ、家族にとっても馴染みのある空間であると思います。

ベビーやキッズであれば、親子で一緒のベッドに寝ている家族も多いのではないでしょうか。

ベビーちゃんの寝かしつけが大変だと仰るママさんにもたくさん出会いました。

絵本が大好きな子供に毎晩読み聞かせをしているというママさんもいらっしゃいました。

家族を持っていない私からしたら、ただ睡眠の為のベッドですが、家族からしたら、大切な時間、大事な空間、思い出の詰まったスペースなのではないでしょうか。

 

そうした日常を再現することで、「自然な写真」を生み出すことに繋がれば、という思いがあります。

 

私の考える「自然な写真」とは「日常を写すこと」であると思います。

 

 

 

写真のご家族には3人でベッドの上で寝転んでもらいました。

 

パパとママの間にベビーちゃんに座ってもらい、パパママさんから名前を呼びかけてもらいました。

この時にベビーちゃんがママの方を向いたのは自然とった行動であって、これが家族の日常なのかもしれません。(パパごめんなさい。笑)

そしてこの時ベビーちゃんを優しく笑顔で見つめる表情もパパママの日常なのではないかと思います。

 

窓からの光と手前に引いたカーテンから朝を感じさせ、「おはよう」という声が聞こえてきそうです。

 

声が聞こえてきそうな自然な写真は、静止画だけど、動画のようにその時の思い出を振り返られると感じます。

 

美しい記録が、美しい記憶として残るから、こうした写真を撮りたいと思うのです。

 

 

 

そしていつか撮りたい、ベッドエリアで家族全員のパジャマ写真を。。。

(パジャマのお持ち込み大歓迎です!笑)

 

この記事をシェアする