PhotogenicOsaka 1st

存在感

2019/4/14

398 0


Osaka 1st Photo

 

Photo by Park

Coordi by KEITA

 

 

我々は通常撮影をする際,被写体が目立つ写真を望む. そして,その被写体が自分の写真の主宰になることが多い。

それで,私たちは写真の主宰を決めて,その主宰を正確に表現できる背景と衣装,被写体を探す。

 

この写真の子供を撮影する時もそうだ。 子供たちが楽しく遊んでいる写真を望み,私たちの望み通り,子どもは楽しく遊んでくれた。

しかし,この写真では子どもの衣装と背景の色が同じで,下手をすると被写体に視線が集中しない写真になる可能性があった。 そのため,普段はインテリアと似合うが,被写体を浮き彫りにする衣装を選ぶ場合が多い。

しかし,この子が遊び空間の前で笑っている姿を見た瞬間,私たちがすでに考えている通念とは違って,子どもは写真の主人公になった。

単純に色の備えを飛び越え,私たちの視線をひきつける力を感じた。

 

これがまさに子供が持っている力だと思う。 特に子供たちが楽しく遊んでいる状況はそれ自体で力を発揮する。

これがまさに大阪1号店が追求する"遊び"の力がないのかな?

 

遊びをしている子供には特有の存在感がある。 そしてそれは撮影者が想像したこと以上のものを表現する。

そのような子の存在感を撮影するとき,撮影者は喜悦を感じる。

そして写真それ以上の何かを表現できるようにしてくれる。

 

この記事をシェアする