Staff BlogShonan

Satomi Sugawara
湘南店

菅原 理美

目に見えない大切なものも大切に。

友達の家に来たような
親戚の家に来たような
そんな距離感でリラックスしてもらえれば嬉しいです。

湘南店のテーマである
「幸せ」
それを
見つけるよりも
気付けるような人でありたいと思っています。

遊びも
仕事も
全力で!

いくつになっても日々勉強!

すがちゃんのダイエット日記 3

2020/3/16

122 2

【ドーナツが食べたい】

 

まだまだダイエットは続けています。

なかなか思うように体重は落ちません。6キロ減でウロウロ。

でもここまでやったら後にはひけないし、少しは落ちたし、

今年一年間は頑張ってみるつもりでいます。

 

そして相変わらず食べたい、粉もの。

SNSで、大好物の鎌倉の「べつばらドーナツ」さんの投稿を見ていたら

とってもめちゃくちゃドーナツが食べたくなりました。

 

そこで大豆粉に再度トライしてドーナツを作ることにしました。

大豆粉は私にとって苦手な食材。

 

前回↓

スクランブル大豆になりました。

 

実は他にもちょこちょこトライしているんですが、ことごとくホロホロに。

なんだろう・・・水分が極端に持っていかれるというか

とにかく「うまくまとまってくれない」のですよね。

 

そんな苦い思い出の多い大豆粉を使って

今回は大豆ドーナツに挑戦です。

(やる前から不安が大きい)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぎゃん!

焦げみ。

予想できると思うので最初から完成品を出しました。

雰囲気はドーナツっぽいのですが

いかんせん、焦げてます。

 

今回の敗因です。

ドーナツ用の「丸く出るやつ」を持っていないことに

生地を作った後に気が付きました。

仕方なし、少量の油の中で踊りながら解散していく生地を

無理やり「〇」にしたらこうなりました。

 

あきれるほどの大ざっぱですみません。

こんな甘い考えでドーナツ様を作ろうとしたなんて、ドーナツ屋さんに謝りたい。

 

あと、この日のミュージックステーションに

King GnuとかHYとか打首獄門同好会とか出ていたので・・・

途中でよそ見したんですね。

そして気付いたらちょっと焦げていました。

(火の元から離れてはいませんが、料理中のよそ見はいけません)

 

このままではおさまらないので

また、リベンジ。

最初からそうすれば良いのに

揚げるのは難しかったので成型してオーブンで焼き。

 

ほぼクッキーでしたが

形はドーナツということでなんとなくできました。

 

うーん

やっぱり大豆粉って難しいです。

 

この記事をシェアする