Staff BlogSoka

namika kubo
草加店

久保波夏

くうちゃんの"く"はくぼの"く"
草加生まれ草加育ちの生粋の草加っ子。
でも南の言葉と北の言葉が混ざった独自の訛りを話すことがあります。
意外と草加の魅力を知りません。イイトコあったら教えてください。
みかんと星をこよなく愛し、漫画ととあるアイドルが今の生き甲斐。
主に小人を作ったりしています。

大好きなfamilyのお話。

2019/10/20

404 0

去年末、ありがたいことにとても忙しくさせていただいていたこの時期にとても記憶に残っているご家族がいました。

長男は今年15歳。そんな彼がまだ小さい頃からライフに何度も何度も通っていただいているご家族で。

撮影にもリラックスして参加していただいていて、パパさんママさんも表情がとても豊かで、こどもたちもとても素直で、初めましてのスタッフにも多大な信頼を預けてくださるあたたかいご家族でした。

 

担当がお二人でよかったです、と最後にパパさんが残してくれた何気ないひとことが、

その時とてもとても嬉しかったことを私はよく覚えています。

また来年、また会えるかな、また会いたいな。

そんな風に思いながらお別れをして。

 

 

そして今月、たまたまご予約のお名前を見つけて、嬉しくて、連絡をした際にお久しぶりですとお話をさせていただいたら覚えていてくださって。

思わず私絶対入りたい!入ります!と自ら志願して、当日撮影に入らせていただき、無事に再会を果たすことができました。

 

変わらず気さくに話してくださるパパさんママさん。

私のことははっきりとは覚えてなかったけど(笑)、草加店での楽しかった記憶は残っていたこどもたち。

 

和やかなムードで始まった再会は一変、まさかの毎年撮っていたソロ写真を今年はしっかり者で優しい長男から年頃もあってソロ写真本人NGが出てしまい、いつの間にか交渉バトルが始まりました。笑

 

撮って欲しい大人たちvsソロは撮りたくない長男

 

だけどこの光景はどこのご家族でも直面するものなのだなあと少しほっこり。

残したいパパさんママさんの気持ちもわかるし、写真が恥ずかしい気持ちも自分を振り返ってみるとわかるなあなんて思ったりも。

 

交渉は続けつつ、撮影も始まり、

家族写真から撮りましょう!となった時、

ああ、そうだった、私はこのご家族の家族写真が大好きだなとつくづく思いました。

というのも、みんな仲が良く、表情豊かに、揃って同じ顔で笑ってくれるので、撮影している私たちもとても楽しくなってしまうんです。

飾らない、そのままであたたかいこのご家族が大好きです。

いつか私もこんな家族を持ちたいな。

そんな風に思わせてくれる憧れのご家族です。

 

あまねくん、今年も結局少しソロを撮らせてくれてありがとうね。君は優しい。

かなでくん、なんだかんだ撮られるのもお話しするのも好きな君がかわいいです。

うーちゃん、いつまでもその人懐っこいかわいいうーちゃんでいて欲しいな。

ママさんの素敵な笑顔とパパさんの気さくなノリの良さが大好きです。

 

また来年、会えますように。

この記事をシェアする