Staff BlogSoka

namika kubo
草加店

久保波夏

くうちゃんの"く"はくぼの"く"
草加生まれ草加育ちの生粋の草加っ子。
でも南の言葉と北の言葉が混ざった独自の訛りを話すことがあります。
意外と草加の魅力を知りません。イイトコあったら教えてください。
みかんと星をこよなく愛し、漫画ととあるアイドルが今の生き甲斐。
主に小人を作ったりしています。

Butterfly 出会いが自信になるということ。

2020/1/11

140 0

このご家族との出会いは、1年前。
越谷店で交換勤務をしていた11月でした。

当時は初の長期他店舗勤務ということで色々不安もある中で、がむしゃらに越谷で出会うご家族と向き合っていた記憶があります。

 

そんな中で出会ったこのご家族は、特別記憶に残っているご家族でした。

というのも、こどもたちが物怖じせず人見知りもせず、とっても人懐っこい!
元気いっぱい面白いことが大好きで、人が大好きで、誰とでも仲良くなれてしまいそうな、そんな仲良し姉弟。
そしてそんな2人にツッコミつつ、私たちに撮影を委ねてくださるパパさんママさん。

2人の元気に負けないように、どれだけ2人の中に私を残せるか、そんなことを思いながらひたすらに、
一緒に楽しもう。そしたらきっと楽しんでくれる。そう決意していた、はじめましての撮影。

 

何を提案しても一緒に全力で楽しんでくれる2人。
この子たちは本当に人が好きなんだなあと感じました。

 

撮影後、私の個人のInstagramをフォローしてくださったママさん。
そしてママさんのInstagramに撮影の時のことを投稿してくださっていました。

それに気づいてからすぐにコメントとフォローを返させていただいて、
こっそりママさんの近況やたまに出てくる姉弟2人の変顔に元気をもらいながら、
時々コメントをさせていただいて、ゆっくり繋がってくることができました。

 

そして1年後。ママさんから草加店に予約の電話が。

電話を取ったスタッフから「久保ちゃんに指名だよ」と聞いた時は、
誰だろう、誰との指名だろう?と勝手にペア指名かな〜なんて思っていたら、
去年の越谷から私のいる草加店に予約をくださっていました。名前を見てすぐにあのご家族だと気づきました。

その予約の直後、ママさんからInstagramにメッセージが届いていました。

「お久しぶりです、先程電話でくうちゃんのお名前出させて頂きました、お会いできるのを楽しみにしています」

思えば、初めて私ひとりでの指名だったのではないでしょうか。

私は基本的には入社してからずっと草加店の勤務でした。
そして店舗スタッフも大きな入れ替わりはなく、指名をいただく時は大体撮影に入ったペアでの指名がほとんどでした。
それだけみんなで楽しい空間を作ることが出来たのだという証拠ですので、もちろんペア指名もとても嬉しいものです。

ですが今回初めてひとりで指名をいただいて、他店舗で出会ったご家族が自分のホームである草加店に来てくれたこと。
草加店のスタッフにこのご家族の良さを知ってもらえることがこんなに嬉しいのだと感じることができました。

 

そして迎えた年末の再会の日。

裏口についてしまった車にご案内するために出ると飛び出してくるこどもたち。

「かわいいくうちゃん!」

出会い頭にそう呼んでくれたふたりに、前回そう(呼ばせた)呼んでもらった撮影の時の私の記憶がしっかり残ってくれているのだと確信しました。

撮影が始まるまで止まることなく近況を話し続けてくれる姉と、それに負けじと構ってほしい弟。ふたりとも1年も会っていなかったとは思えないような、あれ、前回の撮影先週とかだっけ、と思えるほどスムーズに私と打ち解けてくれます。

私もInstagramを通して2人のことやご家族の近況を知っていたこともあり、話に意外とついて行けてしまうことにびっくり。あまりにも久しぶり感がないな??なんて思いながらママさんパパさんも交えてそんな当たり前だったかのような再会を喜んでいました。

 

あれだけマシンガントークだったふたりですが、撮影が始まると途端にスイッチの入ります。なんだか去年より少し大人になったような。

だけど遊ぶような声掛けやふざけた声掛けには全力で楽しんでくれる様子は去年と変わらない。

そんな姿に1年前の撮影のことも思い出しながら、撮影を見守ってくださるママさんパパさんとも時々思い出話をしていました。

仲良し姉弟。あまりにも人懐っこいふたりですが、そんな誰とでも仲良くなれるふたりが私を覚えていて、出会った越谷ではなく私のいる草加で、私に会うのを楽しみに来てくれたことが、私の考えが間違っていなかったと、今回のこの再会が、どれだけ私の自信になったことか。

私を覚えていてくれて、草加店に来てくれて、会いたいと言ってくれて、ありがとうございます。

 

私にとってこのご家族は【ここで働く自信をくれたご家族】です。

 

このいただいた自信に、私はどれほどのものを返せているのでしょうか。
これからもゆっくり返させていただけるように、そしてただまたみなさんに会いたいから、繋がっていきたい。そう思います。

この記事をシェアする