Staff BlogSoka

namika kubo
草加店

久保波夏

くうちゃんの"く"はくぼの"く"
草加生まれ草加育ちの生粋の草加っ子。
でも南の言葉と北の言葉が混ざった独自の訛りを話すことがあります。
意外と草加の魅力を知りません。イイトコあったら教えてください。
みかんと星をこよなく愛し、漫画ととあるアイドルが今の生き甲斐。
主に小人を作ったりしています。

鮮やかに。

2020/3/31

196 0

初めて会ったあの時も、約束した再会のこの時も、ランドセルまでもモノトーンを身に纏う女の子。

初めましての頃から1年。
彼女はもうすぐ小学校一年生、そして7歳の成長を祝う節目を迎えていました。

私服でモノトーンを纏う彼女は、
愛らしい笑顔も大人な顔も面白い変顔も出来ちゃう、くるくる表情の変わるカラフルな女の子。
そんな彼女はいつもとは違う華やかな着物を纏って、
アレンジの帽子にもカラーを乗せて、
手元には鮮やかな赤と白の花を飾って、
そしてそんないつもと違う私が背景には映える、背景にはいつものモノトーンを背負って。

彼女の存在感とバランスを取るように入れられた前ボケで更に彩りを。

着付けの関係上基本的には必ず1シーン目である着物撮影。
彼女は毎回1シーン目は程よく緊張の色も見え、本来よりもほんのちょっぴりオトナな顔をします。

成長の節目でまたひとつオトナになった彼女に相応しい、
いつもよりほんの少しシックで落ち着いている中でも分かる彼女の華やかな存在感が伝わるように。

 

 

この記事をシェアする