Staff BlogTokorozawa

moriya yoko
所沢店

守屋瑛子

埼玉県所沢市生まれ、埼玉県所沢市育ちの生粋の所沢っ子。

プロぺ通りで大抵の物は揃うと未だに思っております。

趣味でカメラを持ち始めてから早8年。前職ではお子様の撮影~ブライダル撮影までさせて頂いておりました。

幸せな瞬間に立ち会い、その瞬間を残し、その気持ちを共感する。スタジオというのは大変幸せな場所だと思って日々過ごしております。


私個人の話としましては、とにかく猫が好きです。祖母の家では13匹の猫を飼っています。猫屋敷です。自分で飼うなら2匹くらいがいいなと思います。

なので、休日に写真を撮るときは猫カフェに行くことが多いです。猫はいいです。あの曲線美は素晴らしい。

近いうちにハリネズミカフェに行ってみたいと思っています。ハリネズミ、可愛いですよね。基本的に動物が好きです。

ちなみにフクロウカフェには行ったことがあります。かっこいいですよねフクロウ。ヘドウィグが好きです。

でも私が行ったところにはなぜかシロムネオオハシがいてそっちの方が気になりました。結果としてフクロウの写真よりシロムネオオハシの写真の方が多かったです。シロムネオオハシもかっこいいですよね。南国っぽい感じがします。


カメラを持ち始めたのは社会人になってからなのですが、学生時代はバンドをやっておりました。

高校時代はGO!GO!7188やチャットモンチーのコピバンをし、大学に入ってからは東京事変やマキシマムザホルモンなどなど邦楽を中心にコピーしておりました。

ハードロックやデスメタルなどまで幅広く聞くタイプです。
Ark Enemyの来日ライブに行ったのはとてもよい思い出。
The White StripesやBlood Red Shoesとかもすごく好きです。知ってる方いますかね。。どちらも2人組のバンドなのですがとてもかっこいいのでオススメです。

邦楽だとacidmanやフジファブリック、くるり、man wtth a missionが好きです。最近の曲はあまりわかりません…。あと澤野弘之が大好きです。


映画も好きです。感銘を受けたのはダンサー・イン・ザ・ダーク。ビョークの演技は鳥肌ものでした。悲しい映画と言われがちですが、母親の愛がいかに強いものかを訴えられた気がします。でも元気のない時には絶対に見れる気がしません。

ジブリで1番好きなのは「紅の豚」です。ラピュタとナウシカではナウシカ派。

あと庵野監督の映画が大好きです。最近だとシン・ゴジラが記憶に新しいですね。映画館に2回見に行きました。庵野監督のジブリ時代の印象も垣間見えつつ、BGMにヱヴァンゲリヲンを使うというファン涎物の演出。第一形態の時なんて完全にヱヴァンゲリヲンじゃないですか。蒲田くん可愛いすぎます。第三形態は完全にエヴァですよね。この気持ち伝わりますかね。伝わった方、ぜひ語りましょう。


こんな感じの、サブカルチャー色の強い人間でございます。

少しでも興味を持って頂けた方はぜひ所沢店でサブカル的な絡みを・・・ぜひに・・・。


では、皆様とお会いできる日を楽しみにお待ちしておりま~す^^

be latent

2020/3/19

141 0

Coordinate & Written by yoko

 

 

 

コーディネーターとして撮影に入ると常に考えるわけです。「お客様は今回の撮影に(ライフスタジオに)何を求めて来てくださっているのか」。

 

私は常にコーディネーターとして撮影に入っているわけですが、その質問の答えのひとつとして最近、ライフスタジオに来て下さるご家族は「日常と非日常」をライフスタジオでの撮影に求めてくださっているのではないかと思うようになりました。

 

我が子の「今」を「そのまま」記録したい。

でも、「いつもとは違う姿も残したい」。

簡単に言語化するとこんな感じです。

 

特にそう思うようになったきっかけは、近年ライフスタジオに来てくれる子供達の年齢層が高くなってきたことにもあると思います。

 

ハーフ成人式、卒業式。子供でもなく、大人でもない。そんな年頃。

そんな年頃の子たちをどのようにライフスタジオの75cutに記録していくのか。

それを考えてコーディネートするのとしないのでは、個人的には雲泥の差があると思っています。

 

そしてそれを考えた私の結論のひとつが、先述した「日常と非日常を記録する」ということです。

 

 

写真の彼女には実は2年前に会ったことがあります。

その時は10歳のハーフ成人式、そして今回は小学校の卒業記念で来てくれました。

 

ライフスタジオでの撮影は3シーン。今回は中学校の制服や小学校での体操服を持ってきてくれていました。

私たちからの提案は1着。その1着に私の彼女に対する想いを乗せる。

それは私の多少のエゴであっても、「私はあなたのこの2年の成長をこんな風に思うのよ、こんな風に表現したいのよ」という想いを彼女と彼女の家族、そしてカメラマンに伝えるべきだと思いました。

 

もちろん衣装は私の勝手では選びません。

ドレスがいい?スカートがいい?パンツがいい?

その質問に彼女はパンツスタイルを選んでくれました。

 

では彼女の望むパンツスタイルをコーディネートするのが私のお仕事のひとつです。

ただ単に「好き」を詰め込むのではなく、今の彼女の容姿や雰囲気、そして彼女のおしゃれに対する憧れを少しずつ反映し盛り込んでいく。

 

今の彼女が消えないように。でも、これからの彼女が見えるように。

髪型を少しアレンジして、メイクもして。

 

明確なイメージをしてコーディネートをすると、それは自然とカメラマンにも伝わるものになると思っています。

コーディネーターがイメージを持たないままコーディネートしても、カメラマンには明確なイメージが浮かびません。

もちろん言葉でも伝えます。会話による意思の疎通はとても大事です。

でも、私がコーディネートした彼女をカメラマンが実際に見た時にイメージが浮かぶかどうか。そのイメージがコーディネーターと一致するかどうか。果ては被写体と一致するかどうか。

それは言葉と同じくらい大事なことだと思うのです。

想いを具現化してその場で伝えることができるのは、コーディネーターの特権ですね。

 

今回の被写体の彼女ではその手法の1つとしてヘアメイクを選択しましたが、これは決してヘアメイクをしなければこれができないというわけではありません。

日常の中の非日常。それは衣装でも、声掛けでも、表情でも表現できることではないかと思います。

 

一番大切なのは、被写体の何を残してあげたいか等を私たちが「考えること」です。

考えること。考え続けること。そしてそれを伝えていく事。

 

コーディネーターができることというのは、そういうことなのだと私は思います。

この記事をシェアする