フォトジェニック


Photogenic
scrollable

2024年1月のフォトジェニック

投稿日:2024/3/1

316 0

Beautiful Beyond Description.

 

coordi by Narumi tera

photo&Write by Tatsuhito goto

 

所沢店の青いバラのインテリア。

私はこのインテリアを制作の初期段階から見て来たというのもあり思い入れがとても強いです。

Volvoさん監修のもと花を手作業で一個ずつ付けていったのは良い思い出。

インテリアを作っていく中でこの角度からこう撮ったら綺麗に撮れそうだな~だったり、こういう写真が撮りたい!という気持ちが高まっていったのを覚えています。

写真の彼女はハーフ成人の記念でご来店されていました。

撮影の希望で洋風なアレンジをして撮って欲しい!というのがありました。

所沢店に洋風でとれるインテリアはいくつかあるのですが、その中からどのインテリアを選ぶか、、、

私は青いバラのインテリアを選びました。

判断材料はいくつかありましたが大きく分けて3つです。


・光

撮影の時間が午後の14:30頃ということもあり強めの西日が入ってきていた。

・着物

黒い着物は青いバラのインテリアの中でも存在感を放ち、被写体の彼女を引き立てると考えました。

・小物

コーディネーターのなるみんが選んで付けてくれたカクテル帽。着物と彼女の雰囲気にとてもマッチしていました。

このインテリアでカクテル帽を付けての撮影をしたことがなかったので挑戦したいという気持ちもありました。


このインテリアで撮ると決めてからは、自分のイメージと被写体の彼女のイメージを擦り合わせました。

普通にしてても可愛いく撮れてしまう彼女を非日常感を出しつつ美しく撮ってあげたい。

大事になってくるのはポージング指示です。

花をツンツンしてもらうのではなく、

下から優しくつまんでもらい、花のにおいをかいでもらいました。

最初は目を開けたままかいでもらおうと考えていたのですが、目を閉じた方がよりインテリアの世界観と被写体の彼女が繋がると考え、目を閉じてもらいました。

こうしてすべての要素が合わさった結果、

言葉では表現できないほど美しい彼女の瞬間を撮ることが出来ました。

私がインテリア製作段階から考えていたこんな写真を撮りたい!を綺麗に表現できた一枚になったと思います。

自分の撮りたいイメージを表現させてくれたコーディネーターのなるみんと、彼女にはとても感謝しています。

これからもたくさんイメージをし、挑戦し続けていきたいと思います。

この記事をシェアする

美しさを表現し、思い出を記録する、楽しい遊びの空間

人生の写真館ライフスタジオという名前に込めた想い。
それは、出会う全ての人が生きている証を確認できる場所になること。
家族の絆とかけがえのない愛の形を実感できる場所として、
人を、人生を写しています。

撮影のご予約はこちらから

スタジオ予約

お役立ち情報をお送りします

新規会員登録

Official SNS

  • Instagram
  • sns
  • Instagram
  • Instagram