Staff BlogHead office

J-lee
本社

J-Lee

飛び出せ!まだ見ぬ世界へ…
繰り返されるさびれた毎日から…

人間には越えられる事だけが与えられるという思いで生きてきました。
やりたいことよりもやるべき事をやりながら40年が過ぎました。
だからいつでも自由を渇望していたのかもしれません。
「人が人を人として」なっていくために
まだ見たことのない世界に飛び出すということをいとわない。結局は日常という名の他の名前でしかありません。

より人生に安着できたらという思いで今日も1日1日の繰り返される日々から飛び出します。

月刊8月のクリスマス 5月 子供で賞 最優秀作品

2020/1/30

51 0

知っているだけ見えて、見ているだけ行動します。知るという気持ちは愛から生まれるようです。相手を愛すれば愛しただけ良い写真が撮れます。その為、人物写真(ポートレート)はヒューマニズムを基にしています。

1ヶ月間、#月刊8月のクリスマス に集まった数千枚の写真の中で1枚を選ぶ基準は、写真完成度ももちろんですが、「感情」も大きな割合を占めます。自身の感覚を総動員して、自身の中で起こる「響き」に集中します。選定後、受賞の理由を書きながら理性の力を使っています。あれこれ理由をつけて、それらしい論理を作らなければなりません。

写真撮影も同じ順序で進んでいきます。技術で完成度を高めますが、最終決定権は感情にあると思います。そこで愛が重要です。

@utaoi さまのこの写真は私に「響き」がありました。
忘れていた大切なその何かを呼び覚まします。過ぎた日の記憶と現在のみすぼらしさを同時に感じさせます。「日曜日の午後」に象徴される幸福な瞬間たちが召喚されます。

これが写真の力だと思います。

@utaoi さまおめでとうございます。

この記事をシェアする