Staff BlogHead office

sonoka
本社

菊池 園乃花

【Warm & Cozy】

Live the life you love
Love the life you live
これこそが私の求めている温かくて居心地のよい存在になること、
そしてそんな空間を作ることの鍵であると信じています。

自分の愛せる人生、それは自分自身を信じ、共にいる人を信じ、今という瞬間を楽しむこと。
笑顔が笑顔を呼び、信じる心が信じ合う関係を呼び、
楽しもうとする心が楽しめる空間を呼び、
根を張って手を思い切り広げ太陽に向かって生きていこうとする力が可能性を呼ぶ。

1人ではなく誰かと共に生きているから、笑顔という言葉も生まれ、
喜びという言葉も生まれ、生きている意味が生まれる。
自分の生きている人生を愛し、愛すことの出来る人生を歩むためには
何よりも心と心の繋がりが1番大切なことであると思っています。

園乃花、園に咲く美しい花のように人に喜びを与える存在になってほしい、
そんな意味を持つ私の名前のように、価値ある時をともに作っていきたいと思っています。

親友の結婚式~懐かしい思い出たち~

2019/1/18

258 3

先週末、私の小さい小さいころからの親友の結婚式があり、宮崎に2泊3日で帰省してまいりました。保育園いやそれ以上に小さいころから家が隣同士で、埼玉県から引っ越してきた私をずっと仲良くしてくれた彼女。小学校に入学したのに道に慣れていなくて学校までの道も分からず、そんな私と毎日毎日登下校し、同じ部活に入り、同じクラブに入り、同じ委員会をして中学校までずっと一緒に過ごしてきました。

そんな親友の結婚式。それそれはすっ飛んででも行かなければなりません!!ということで帰ってきました宮崎県。


結婚式に際して親友から余興を頼まれました笑。そんなの慣れてないし、どうしようといろんな不安もよぎりましたが、彼女の結婚式は盛大に祝ってあげたいという思いで、中学校のテニス部の仲間で宮崎と関東と離れ離れのメンバーでしたが、連絡を取り合い余興の準備もしました。余興の準備にあたって小さいの頃のアルバムや文集を見たり、懐かしすぎる思い出たちと鮮明に思い浮かぶ景色と笑顔。今にも聞こえてきそうな当時の笑い声。準備の段階で涙と爆笑の私たちでした。小学校のころに書いた文集、字を意外ときちんと我ながら書いていてはなまるはなまるです~

 

にしても昔の写真、、、私巨人過ぎました笑。なんせ小学校6年生で162,3cmありましたから、親友は逆に背が低い方で、いつも一緒にいると姉妹に間違えられるほどでした。
高校ではみんなバラバラの高校に進学しましたが、定期的に集まっては思い出話をしたり、テニスをしたり。離れても切れない間柄でした。それは大学に進学しても社会人になっても。ひとたび集まれば。時間はあの時にタイムスリップします。お互いに大切な人が出来て、関係の輪が拡大しても、それも含めて繋がっている縁です。成人式も、帰省したお正月も、、、いつも周りには彼女たちがいました。声のでかい集団。周りを気にしなさすぎる集団。気楽な集団。主語を言わずとも会話が成り立ってしまう集団。誰も人の話を聞いてなくて自分の話を主張しまくる集団(いつもじゃないけどね)。そんな彼女たちが私の宝物でもあり、活力の源です。

8年前の成人式。はい、この時は「盛り」が流行っていました。今ではあまりいなくなりましたが、、、この日大好きな仲間と親友に会えるのを楽しみにしていたのですが、一番楽しみにしていた彼女、インフルエンザで欠席でした笑。とても笑えませんでした。

そんな過去を振り返りながら私たちの余興動画が完成しました。当日喜んでくれるかどうか不安もありましたが、しっかり涙を流しているのを確認しました‼喜んでもらえたのもうれしかったけど、こうやって大切な人の結婚式をみんなでそろって祝えたことが何よりも幸せでした。おばあちゃんになっても地元に変えればみんながいるし、大切な仲間に出会えたことに本当に感謝です。

おめでとう。

心からあなたの幸せを願っています。
挙式も披露宴も親のような気持ちで涙が止まりませんでした。

生まれて来てくれてありがとう。
あんなに小さかった私たちも、こんなに大きくなって、そして母になってくなんて...
いつまでも味方だし、この関係を大切にしていきたいです。
 

 

 

この記事をシェアする