Staff BlogKoshigaya

Takashi Umino
越谷店

海野 敬司

「写真を通して人を喜ばせたい。」
そんな想いでライフスタジオにやってきました。

一瞬しかないありのままの姿を、
一生の思い出として残し、
そしてそれが人生の宝物になることを願っています。

僕も自分らしさを大切に、楽しく笑顔で居られる時間を作りたいと思いますので、どうぞよろしくお願い致します!

主人公。

2019/10/30

106 0

ライフスタジオでは基本、撮影をスタッフが2人1組となって行います。

 

ブログ等の過去記事でも私は触れていますが、ライフスタジオには色んなスタイルで撮影を行うスタッフがいて、

 

それがカメラマンやコーディネーターひとりひとりで違えば、その組み合わせもその日のお楽しみ。

 

2人で撮影を盛り上げ、雰囲気を作っていくわけで、それも当然その時により様々。

 

それと同時に忘れてはいけないのが、あくまで主役がいるということ。つまりお子様やそのご家族です。

 

スタッフが様々であると同時に、被写体であるお子様の性格も様々なので、その子に合う雰囲気を作ります。

 

写真も同様です。

 

コーディネーターがその子に合う洋服をご提案し、カメラマンがその子を表す写真を撮る。

 

もう少し細かく言えば、構図や使う小物も絡んできます。

 

 

今回選んだこの写真は、被写体である男の子の雰囲気が存分に表れているな、と個人的に思います。

 

今年小学生になった7歳の男の子。

 

入学のご記念で撮影に来てくれました。

 

男の子というと元気いっぱいなイメージですが、この子はとても可愛らしい顔をしていながらも少し控えめで、時折見せる表情に大人っぽさも感じる、とても魅力的な子でした。

 

そして、控えめなのに、とにかく爽やかな雰囲気を放つ彼。

 

とにかく白が似合う。

 

コーディネートはとてもシンプルですが、爽やかな白をベースに、日常的なデニム調のシャツ、可愛らしさも引き立つ赤のニット帽。

 

シンプルでいて本当によく似合うなあ、と何度も思います。

 

背景や枕を使って白で包み、本を読んでもらう。

 

彼らしさが写真にも現れています。

 

少し照れながらもこちらをみてニコッと笑う表情も良いですよね。

 

休みの日の朝っぽいなあ、とか連想できちゃったりするのがまた面白いです。

 

こういった、被写体のらしさを存分に引き出すことも沢山あれば、非現実を求める部分も写真にはあって、

 

写真というのは奥が深くて、正解がない…

 

でもそれが、写真の面白いところでもあると思います。

 

思い出を残すだけじゃなく、そこにストーリー性や興味を惹くような表情、表現など、静止画の可能性を信じて今後も向き合いたいと思います。

この記事をシェアする