Staff BlogMito

とし
水戸店

佐野徳俊

西アフリカ生まれ、韓国育ち。
学生時代は、本気でバレエダンサーを
目指してやっていましたが、いまは趣味です★

【写真分析】 お酒の美しさ

2019/1/30

185 3

20代までお酒を敬遠していた私が、

お酒について語ろうなど甚だ、失礼な話ではあるが、

聞いてほしい。

 

 

 

お酒は美しい。

 

 

 

 

お酒といえば居酒屋にいくことがほとんどであるが、

ときたま、Barに行くことがある。

 

 

つい先日、1年ほどまえに知り合った友人と、久々に会うことになり、

まえから行こうと思っていた、水戸の老舗Bar「Millwood(ミルウッド)」で待ち合わせをした。

 

 

アダルトな魅力であふれる空間。これがBarの魅力だと思っている。

何がそうさせるのかは、今後の分析に時間をかけなくては行けないが、

薄暗い照明と、目に見えるところくまなく、並べられられたお酒の瓶。

カウンター越しのスタッフは、タキシードに蝶ネクタイ。

「Bar」といったら、連想される風景を、「ミルウッド」は演出していた。

 

 

居酒屋で飲むのとは、また違う味わいがここにはある。

(これがお酒を美しくさせる、要因のひとつであるかと思う)

 

 

渡されたメニューには、お酒の数以上の種類の名前が。

 

 

とりあえず、一杯目は「テキーラ・サンライズ」にした。(ビールは苦手だ)

年明けに、初日の出を見に行く予定が、クラブで夜通し踊り疲れて、見に行けなかったので、

せめてお酒で、日の出を味わおうという魂胆だった。(後付)

 

 

 

その時に出されものが、上の写真である。

 

 

なんのことはない、カウンターに置かれた「テキーラ・サンライズ」だったが、

私はそこに美しさを見出してしまった。

 

 

一本のスポットライトが真っ直ぐにグラスに当たり、

横には添えられるように置かれた、サウザーブルーのキンキンに冷えた瓶が、

テキーラの存在感を感じさせてくれる。ロゴのブルーバードも、絵的な美しさを加えている。

 

 

85mmの単レンズが装着されたカメラを、おもむろに取り出した私は、

「設定」と「構図」を決めにかかった。

 

 

光量の限られる空間では、迷うことなく絞りは開放値。

グラスの存在感を際立たせるため、アンダーを狙い、

感度800の、シャッターは1/100。

 

 

そう、相手は動かぬ被写体。落ち着いていこう。

 

 

そして、構図へ。

無意識のうちにカウンターに並べられた瓶を前ボケに使っていた。

 

ボケ色は「黒」、、アンダー気味な雰囲気に、違和感はなく、

余計なものが写り込まないぶん、「テキーラ・サンライズ」を、より際立たせてくれる。

それに間接照明の光が、瓶にうまい具合に反射し、玉ボケができているおかげで、

黒一色の味気なさを、彩ってくれている。

 

最後は、マニュアルでピントをあわせ、シャッターを切ったのが、この一枚だ。

 

 

 

お酒は、ただ飲むのではない。

見て楽しみ、雰囲気を楽しみ、会話をはずませ楽しむ。

そんな魅力をはらんでいるのだ。

 

 

 

あぁ、お酒は美しい。

 

 

 

そうして、口にした「テキーラ・サンライズ」

 

 

 

かき混ぜるのをわすれ、上に残ったままのテキーラが、

僕の喉を熱く焼いていく。とんだサンライズだった。

 

 

他の写真も、インスタにアップ中★

よかったら見ていって下さい^^

この記事をシェアする