CoordinateShimonoseki

スタジオ衣装について

2017/7/13

1907 0

先月スタジオにあるものの衣替えをしていたら、いっそのこと部屋ごと変えてしまえ!と勢いづいてペンキも塗り替え、使いやすいように棚も増設して丸々変えて、「必要最低限にモノを減らそう!」とごっそり整理していたところでした。

下関店は、衣装という衣装はそんなに多くはありません。
たまに衣裳部屋を見かけた方からは、いっぱい!という声をいただきますが、他のスタジオは10倍くらいはあるんじゃないかな・・・とも思います。
というのも、最近のこどもたち、みんな衣装じゃなくてもオシャレやん!って思うんです。
自分らしい服をちゃんとお母さんたちが選んで着せてるなぁっと。
わたしが8年前に入社したころは、まだまだ韓国こども服やフランスの洋服をマネージャーや店長たちが買い付けに行っている時代で、スタジオの服も普段みかけないようなデザインや形だったのでカジュアルなものでも衣装で出すと喜んでもらえていたのですが、この1,2年でなんだかネットショッピングが進化して、下関からでも日本中、世界中の洋服がポチッと買えるし、しま○らもユニ○ロも子供服めちゃくちゃかわいくなってるし、あぁ、もう韓国や自由が丘まで行って買い付けいかなくてもいいのね、と気付いたのです。
だからみなさん、撮影の時は好きなお洋服をお持込する方がほとんどです。
1年に1、2回、家族で雰囲気を揃えてスタジオに来てくれて、「今年はこんな感じにしましたー!」っと言って登場してくれます。
そしてこどもたち自身が自分の大好きな服を選んで持って来てくれたりもします。
それがたとえお母さんの趣味じゃなくても、ちょっと汚れてても、それも今だけの姿かなぁっと言いながら。
たまに、お着替え大嫌いで1回も着がえない子もいます。
気付くとパンツ一丁になってたり・・・
それでもいいんです。

色々と衣装やインテリアにこだわった世界観が強いスタジオもあって素敵だなぁっと見ていますが、下関店は、家族で過ごす時間や家族の成長が撮影のベースでにあるので、スタジオに合わせてこどもたちの雰囲気が変わるよりも、こどもたちの雰囲気によって空間が創られていくほうがいいかなぁと、割と普段の姿を撮影しつつ、たまにスタジオのものでアレンジする程度でやっています。
なので、そこまで衣装がある訳ではありません。
あとは、なによりもちゃんと洗濯して管理ができる範囲で服を限定しようということで。。。(行きつけのクリーニング屋のおばちゃんがいるのが心強い!)
その分、用意している衣装は誰が着ても馴染むようなシンプルなデザインだったり、ドレスや着物など、数点のみですが置いてあるものなどは少しこだわりを持っています^^
これはまたご紹介していきます!

この記事をシェアする