NewsShimonoseki

【LIFE is beautiful】

2017/3/19

457 0

人ひとりの人生には限りがあっても、
人が人として生きてきたという事実があり、わたしたちは存在し、
そしてこれからも人は人として生きていく。
変わっていくものがあり、そして、変わらないものがある。
時代は変わった、と、この町でよく聞く。
時代は変わる、それはいつの時代も変わらない。
変わるのか、変えるのか、変わってしまうのか。
それは、その時代に生きた人の存在のあり方次第であり、
何を望み実現させていくかでもある。
写真館はその時代という日々の流れの中で生きる人々への
まなざしを絶やさない場所として存在していくこととなるだろう。
誰と共に過ごし、誰と共に笑い楽しみ涙を流してきたのか。
しあわせや愛や喜びというものを少しずつ知っていき、
時には悲しさや苦しみにも遭遇しながら、また進んでいく。
そのすべてが人生という存在であり、ひとつひとつが歴史になる。
人生は、きっと美しい。
人が人として生きるとはどういうことなのか。
この場所から見つめていこうと思います。

*************************************

こんな文章を2年前に書きました。
下関店のページに全文載せてますが、割と長いこの文章を書くのに時間はあまりかかりませんでした。
ずっとずっと自分の中で蓄積されたものがあふれ出てきたように、
不満と不安と希望というかなんというか、そんなもののようで、
もしかするとまた違うものかもしれませんが、色んな気持ちが入り混じりながら、
最後はただただ勢いだけで文章を書いていたように思います。

2015年3月5日に下関店がオープンしてから2年が経ちました。

オープンするまで一緒にインテリア工事をしてくれた社長やスタッフ、
オープンしてからも関東から飛んできて遊びにきてくれたスタッフ、
スタジオがはじまる前もはじまってからもいつも協力してくださる町やお店の方々、
そして、この2年間「え、本当に下関にライフスタジオがあるんですか???」っと
半信半疑な方も多かった中で、この下関まで足を運んでくださったお客様のみなさん!!
本当にありがとうございました!!!!!
下関をはじめ、山口各地、九州各県、広島、関西、
はたまたニュージーランドやブラジルまでも色々な場所からこの下関に来てくださり、
毎日が色んな話題でひっきりなしでした!
お互いの地元トーク、下関トーク(ほぼ食べるネタ)、
関東時代のリピーターさんが来た時は、時間がある限り一緒に海や山に観光に行ったり…
写真屋であり、喫茶店のようであり、ツアーガイドのような日々。
こんな丸2年。
一緒にずっとあーだこーだ言いながらもやってきた手塚さんにも感謝しかありません。
下関育ちの河野と福岡育ちの手塚とふたりでやってきて、1年目は姉妹に間違えられていたのに、
なぜか2年目はお笑いコンビだと言われることが増えました。
「下関吉本を作るんやったら、まっさきにふたりをスカウトするわ!」と昨日も言われ、
水面下で準備が始まっているかもしれません…
そして最近は髪型や帽子の様子から「どんぐりーず」と呼ばれており、
関東在住のお世話になってるシェフがわたしたちのことを調べる際に
【下関 どんぐりーず】で本気で検索をかけてしまったそうです。
出てきません。まだデビューしてないので出てきません。
【下関 ライフスタジオ】でぜひ検索してください。

あぁ。真面目なことを書こうと思ったのに脱線しましたが、
とにかく無事に2周年を迎えられたことに感謝しております。
1周年に引き続き、2周年目も下関にあるBAGDAD CAFEで写真展を行いました!
今回のテーマは「家族写真」
誰と生きてきたのか、どう生きてきたのか。
今までを生きてきた人の分まで感じるような、そしてこれから生きていく時間を想像するような、
そんな空間になったら、と思いながら展示をしました。
(まだまだ写真展に関しては書きたいことが山盛りなのでまた別の機会にします……)
こちらにもたくさんのご来場、ありがとうございました!!
カフェにいようが、いつだって現場はスタジオのようなにぎやかさでした^^
BAGDAD CAFEのみなさん、いつも、ありがとうございます!

まだまだ2年。
今を生きるこの場所で、町と人と時代をみつめていこうと思います。
長生きしなければ!
イヤイヤ期2歳の大先輩のように、しっかりと自己の主張を持ち、成長していく次第です!
健康第一!今後とも宜しくお願いします^^

ライフスタジオ下関店
河野智美
手塚瑶

※2周年写真展に引き続き……わくわく計画中です!
決まり次第公開しますので、下関店facebookやインスタ、
またはHPのニュースをご覧ください!!

この記事をシェアする