PhotogenicOmiya

いまだけ、ほんのすこしだけ、あなたを愛す。

2019/11/5

340 2

STUDIO OMIYA

Write by Soo Photo by Soo

Coordi by Kozu


 

本当の「感動」ってなんだろう。

 

それって頭であれこれ理解できたときに起きるものなのか?

映画を観たり、おいしいものを食べたりしたときに、

「素晴らしい!」  「ほっぺたが落ちる!」なんてことがありますが、それってそういう「感動」が先にあって、そのあとにとって付けたように理由がわかるのだと思う。

 

だとすると、

感動の理由を求めるのが大人で、

それを追求せずに次から次へと感動を通り過ぎていくのが子どもたちなのかもしれない。

 

子どもたちの世界は、いつも生き生きとして新鮮で、おどろきと感動にみちあふれている。いちいち感動に立ち止まって考えるより、たくさんの美しいもの、新しいものや未知なものにふれて、感動感激をしながらはしる存在だなんて思う。

 

 

このスタジオにいると毎日まいにちが「感動」ばかりです。

それがこの仕事をするための”原動力”なのかもしれません。

だって「感動のないところに行動はない」と思うからです。

 

感動したいから、映画やコンサートへ行くし、わざわざキツい思いをしながら山も登る。それぞれの感動ポイントは違うかもしれないけど、みんな感動したくて何か行動をしている。

 

ライフスタジオに勤めてもうすぐ8年になりますが、まいにち欠かさずすることは「感動すること」です。そしてそのために少しでも「愛する」ということを心に決めています。

愛を語るなんてお恥ずかしいですが、まずは愛することで相手を、目の前の世界を受け入れて、そのあとに「感動」がどっと押しよせてくると思っています。

 

”ずっとあなたを愛することはできません。

しかし、いまだけ、ほんのすこしだけ、

あなたを愛します。”

 

なんて都合のよい言葉でしょうか?

 

この記事をシェアする