Staff BlogOmiya

Chika Maruyama
大宮店

丸山知香

普段は大宮店にいたり、代々木店にいたりする、マルちゃんこと、丸山です。
以前は映像系のカメラの勉強をし、某テレビ局に勤めておりました。
が……写真の魅力にひかれ、ライフスタジオにやってきました^^
小学校からソフトボールをやっていたので、体を動かすことが好きです!撮影でもたくさん、体を動かしましょう!笑


私の写真でたくさんの人に笑顔が届けられますように…

memories No.40 その横顔、

2019/10/4

214 0

STUDIO OMIYA

Photo by Maru

Coordi by Yoshi

Write by Maru 


そこで夢中になって遊ぶあなた。

その横顔は、楽しそうで

彼女らしさが詰まっていた。


 

双子の妹がいるしっかり者のお姉ちゃん。

今日はお姉ちゃんが主役。

お手伝いをしたり、双子ちゃんたちにおもちゃを譲ったり、

喧嘩もするけれど、いつもお姉ちゃんは頑張っている。

 

1シーン目は、双子ちゃんとの姉妹ショット。

9月で5歳になるお姉ちゃんは、2歳になる双子ちゃん達の手を引きシャボン玉を割ったり、お庭をかけっこしたり。

2シーン目は、ドレスを着てお姉ちゃんのソロ。

急なソロ撮影に、少し緊張した様子。しかし、ドレスを着て嬉しそう。

そして、3シーン目。私は、5歳らしい彼女も見てみたいと思った。

それとなく、3シーン目に入る前にそのことをよっちゃんさんに伝えると、「俺もそう思った!」と。

 

たくさんのおもちゃと、シャボン玉、おもしろいお兄さん(よっちゃんさん)

全力で彼女と遊ぶよっちゃんさん。

 

そこで彼女らしさが見えてきた。お姉ちゃんとしての彼女ではなく、まだまだ遊びたい盛りの9月で5歳になる女の子の姿だった。

 

クッションを投げては無邪気に笑う彼女は、1シーン目、2シーン目の彼女の表情とは違うものだった。

どんな姿も、本当の彼女だけれど、5歳らしい無邪気な彼女が見れたことが嬉しいと思った。


なぜ横顔にしたのかと言うと、それは今日の撮影のために、ママさんが巻いてくれた、彼女にぴったりのボブヘアーを生かしたかったから。

二段ベットの手前の柱を前ボケに使ったのは、カメラマンの私の存在を消して、彼女の無邪気に遊ぶ姿自然な様子を写したかったから。

少しカメラに傾きを加えたのは、彼女の楽しそうに前のめりになって笑う姿に動きをつけるため。

 

5歳らしい無邪気に笑う彼女の姿がとても可愛らしいと思ったそんな瞬間。

 

この記事をシェアする