Staff BlogOmiya

Chika Maruyama
大宮店

丸山知香

普段は大宮店にいたり、代々木店にいたりする、マルちゃんこと、丸山です。
以前は映像系のカメラの勉強をし、某テレビ局に勤めておりました。
が……写真の魅力にひかれ、ライフスタジオにやってきました^^
小学校からソフトボールをやっていたので、体を動かすことが好きです!撮影でもたくさん、体を動かしましょう!笑


私の写真でたくさんの人に笑顔が届けられますように…

memories No.43 秋色

2019/11/2

149 3

STUDIO OMIYA

Photo by Maru

Coordi by Kazu san

Write by Maru


 

秋の日差しは、ミモザの木にかかり木漏れ日がキラキラゆらめく。

ただそこに彼女がいるだけで、

その場がやわらかい空気に包まれる。

 


単純に見える、1枚かもしれない。

しかし、そんな1枚の中に、彼女の可愛らしさや、美しさが詰まっている。

そして、そんな1枚を、大切に、大事に撮れるカメラマンでありたい。

そんな事を思った、撮影だった。

 

彼女の美しさは、長いまつげ、長く細い指、サラサラの髪の毛、くるっとまかれた前髪、ぱっちりとした二重、上げればいくらでもあげられる。

そんな美しい部分を、ギュッと詰めたいのならアップ写真を撮ればいい。

勿論、そんなアップの写真も、75カットの中に入っている。

しかし、私は彼女が、まとった優しい雰囲気を写真に残したいと思った。

 

そこで、この時期、綺麗に木漏れ日が揺らめく場所に、彼女を連れて行った。

この時間に外に行ったら、絶対に綺麗な木漏れ日がある。

そこは、彼女の雰囲気にぴったりだから、そこで撮ろう。と1シーン目が終わった頃から私自身の中で決めていた。

 

1シーン目は、長いサラサラの髪をなびかせ、2シーン目は、コーディネートで撮影に入って下さったかずさんが、

彼女と、衣装に合わせてフィッシュボーンをしてくれた。それが、とっても似合っていて素敵だった。

 

外に出てすぐに、その場所へ連れていく。

最初は、後姿を撮ろうかな…なんて思っていたが、かずさんが正面を向くように言った。すると彼女はログハウスに腕を置く。

そこで、何気なく言ったかずさんの一言に、少し首を傾げ、優しく微笑みながらこちらを見ている彼女がそこにいた。

 

その瞬間、私のイメージと、そこにいる彼女の姿がピッタリ一致してシャッターを切った。


彼女の、凛とした姿と、優しさを表すために。〈シンメトリー崩し型〉

左右対称に立っているログハウスの柱。

真ん中で、少し首を傾げ微笑む彼女。

シンメトリーと言うと、威厳を表したり、凛として人を寄せ付けないイメージが多い。

しかし、彼女は自然と首を傾げ、凛とした中にも、優しく、穏やかなイメージ表現された。

優しく、穏やかなイメージを更に、強く表現したのが、秋の木漏れ日だった。

その優しい光が、彼女の優しさを強調してくれた。


 

 

 

あぁ…秋っていいな。

そんなゆったりとした、心地いい時間でした。

 

 

 

 

 

 

この記事をシェアする