Staff BlogOmiya

Ueda
大宮店

上田 智国

ライフスタジオ大宮店の上田です。たまにふじみ野店にも勤務しています。
スタジオではカメラマンやコーディネーターとして撮影に携わっています。

また1児(娘)のパパでもあります。
なかなか大変な子育てですが、だからこそ撮影に活かせるところもあるなと感じてます。
こどもたちの気持ちに寄り添いながら、ステキな瞬間を写真に残せたらと思っています。

少し前から家庭菜園をはじめまして、地道に種類を増やしています。
緑に囲まれた生活を夢見て、タネや小さな苗からじっくり育てています。

スタジオでお会いする事があれば、よろしくお願いします^^

差し木に挑戦

投稿日:2021/5/20

727 2

 

 

園芸に手を出し始めて2年半が経ちました。

きっかけは市からもらった記念樹のオリーブ。

うちの娘と同い年な訳ですが、コトオリーブと名付けて

今でも大事に育てています。

 

それ以外にも新しい植物を買っては地道に育てています。

お気に入りはレウコフィラムとオリーブの木。

小さい時から育てているので思い入れがあります。

 

そこで今回、お気に入りの木のクローンを増やすべく、

差し木に挑戦してみることにしました!

 

差し木は元の植物の枝を切り取り、それを増やすこと。

それだけ聞くとなんだ簡単だなと思ってしまうのですが、

これが結構難しいのです。

 

以前、剪定したオリーブの枝で試験的に差し木してみたものの

あっけなく返り討ちにあってしまいました。1ヶ月以上待ちましたが、

結局枝の切り口から根が出ることはありませんでした…。

(後から知ったことですが、オリーブは差し木が難しいと言われているそうです)

 

差し技を成功させるポイントはズバリ3つ。

①その植物の成長期に行う

②養分のない用土を使用する

③発根促進剤を使用する

 

今回はこの3ポイントをしっかりと抑えつつ、

2種の差し木を実行しました。

 

枝は斜めにスパッと切り、切断面を大きくします。

面を大きくすることで水の吸収が良くなるそう。

あと、切った後は水上げと言って、植物に水を吸わせます。

今回はだいたい4時間ほど水を吸わせました。

 

お次は用土と発根促進剤の用意。

今回は鹿沼土とホルモン剤のルートンを用意。

容器は100均にあった豆苗用のプランターをチョイス。

 

切り口に粉状のルートンをまぶしたら、

あらかじめ湿らせておいた鹿沼土にズブリ。

そのあと軽く葉水した上で乾燥を防ぐためラップをかけました。

 

ここから1〜2ヶ月、乾燥させないように注意しながら、

じっくりと発根の時を待つことになります…。

とっても地道で長ーい道のりですが、

発根した時の喜びはまた格別だろうと思います!

 

この内の1本だけでも良いから

根っこが出てきてくれと願っています…。

 

 

この記事をシェアする