Staff BlogShinyokohama

Piii_chan
新横浜店

河野光里

はじめまして!!

コーディネーターのピーちゃんです。

名前が光里(ヒカリ)な事と、動きが小鳥のようにぴょんぴょんと動き回ることから、あだ名が“ピーちゃん”になりました。

どうぞお気軽に呼んでください^^

好きなことは食べること。
食べログの“行きたい”の項目を増やすことを趣味にしています。

ピヨピヨと飛び回りながら、みなさまに楽しい時間を提供できるように
頑張らせていただきます(^^)

1人1人の個性を輝かせて、楽しく撮影しましょう!!

【プロジェクトを進める為のノウハウが学べる本】を読んでみた。感想レポート

2019/6/24

261 0

こんにちは。
ライフスタジオ新横浜店のピーちゃんです。

 

社会人になり、会社で何年か勤めていると
会社のいろんな面が見えてきますよね。

そんな時、少し仕事を任される立場
になることもあるかと思います。

そのことによって自ら仕事を進めて行ったり

先頭になってチームで仕事を進めたりすることも
多くなるはずです。

 

そんな時が突然きた時、
皆様はどうするでしょうか?

人生は何事も突然の連続です。

 

でもその突然の出来事の波に乗れるか、
はたまた敢えて乗らないか・・・

それを決めるのも自分です。

 

私はそんな時、逃げ出さずに、
波に乗れる自分でありたいと思います。

その為にも仕事に関する本を読んで
私は日々学んでいます。

 

今回はブロジェクトを進める為のノウハウを学ぶ為
1冊の本を読みました。

夏が来る前に、”一歩先ゆく自分”になる為に、
皆様もよかったら読んでみてください^^

 

【プロジェクトを成功させる技術〜図解とマンガでわかる〜】

著者:芝本秀徳


物語は入社4年目の女子社員三木ヒトミが
とある新商品のプロモーションイベントの
プロジェクトのリーダーになるところから始まります。

 

リーダーとはなんぞや。

どんな仕事の回し方をしたら良いのか。

また、チームで働くとはどういうこと?

自分はどんな立ち位置で働くべきなの?

等々の働き方と仕事の進め方についてが
学べる本となっていました。


 

プロジェクト成功の秘訣ってなに?


プロジェクトとは

①企む
②段取る
③やる
④視る
⑤振り返る

この5つのプロセスに分かれ、
それぞれのプロセスで「やっておくべきこと」を
進めることを意味します。

 

しかし、あらゆるプロジェクトは
初めてやるものが大半です。

つまり「やってみないとわからない」
という状況のもと進められるものなのです。

プロジェクトを進める際は、このことを
しっかり肝に命じておかなければなりません。

そうすれば、5つのプロセスを進める上で
必要な意思決定のタイミングを
うまく見極めながら進めることができます。

そして、不確実性な状況でも
プロジェクトを乗りこなすことが
出来るようになるのです。

 

課題ログを作成しよう


プロジェクトを立ち上げる前に
まず作成するべきものがあります。

それは「課題ログ」です。

プロジェクトとは、次から次に出てくる
課題を解決していくことです。

しかし、その課題が何なのかがわからなければ
解決することもできません。

つまり仕事が進まなくなってしまいます。

このことにより、大抵の人は焦ったり
精神的ストレスを抱えてしまったりするかと思います。

そして、プロジェクトは進行不可能になり
中途半端に世にでることなく終わってしまうのです。

そんな悲しい結末にならないようにする為に、
まずは「課題ログ」を作成しましょう。

 

課題ログ記載すること

・番号
・課題
・優先度
・登録日
・報告者
・担当者
・更新日
・状況
・対応状況

 

またこの「課題ログ」は、メンバー皆で
共有できるようにしましょう。

そうする事で課題の共有ができ、
各メンバーが抱える課題も見えますし、
リーダーが抱えている課題も皆に知らせることができます。

 

チームで仕事をする


チームで仕事をする、
この意味を考えたことはありますか?

それは、1人でやるよりも多くのこと、
違うことができるからです。

”チームとは、自分1人ではできないことを達成する為のもの”
だということなのです。

つまり、チームリーダーは
メンバーよりエライわけではないのです。

これは言い換えると、チームリーダーは
皆に協力してもらっている立場だということなのです。

チームで仕事をするとは、
自分以外の誰かと共に仕事をすると言うこと。

自分の基準が他人の基準とは限らない。

そのことも踏まえた上で、皆が気持ちよく
仕事ができる環境づくりをするのも
リーダーの役目なのです。

 

仕事の時間の使い方


何か計画を立てて実行している時、ほとんどの人は、
余裕を持って計画を立てると思います。

しかし、その計画、計画通りに実行できたこと
は少ないのではないでしょうか?

余裕を見込んでも遅れてしまうのは
なぜなのでしょうか?

「学生症候群」と「パーキンソン法則」と言う、
2つの面から遅れてしまう理由について、
解き明かしてくれています。

「学生症候群」とは、
いわゆる”夏休みの宿題症候群”です。

学生の時夏休みの宿題がありましたよね?

皆様はその宿題をすぐ片付けるタイプでしたか?

それとも、最終日前日あたりに
慌ててやり始めるタイプでしたか?

私は言わずもがな後者でした。

「パーキンソンの法則」とは”仕事の量は、
完成の為に与えられた時間を全て満たすまで膨張する”
と言うものです。

例えば、上司から頼まれた仕事が、
見積もったところ15時間でできるとしましょう。

でも上司にそのことを伝える時、
15時間でできると言ってしまうとギリギリになります。

その為、上司には20時間かかると伝えたとします。

そして実際仕事を進めてみたところ、
12時間で終わってしまった。

そんな時あなたならどうしますか?

早く終わったと伝えるでしょうか?

それとも、余った8時間を
自分の時間に使ってしまうでしょうか?

多くの人は後者かと思います。

なぜなら、次に仕事を頼まれた時
「前回12時間でできたんだから今回もできるよね?」
と言われかねませんよね。

そうなったら自分で自分の首を締めることになりかねません。

 

この2つの行動の特徴は
「余裕は必ず食いつぶされる」と言うことです。

つまり、計画は余裕を持って立てたところで
その余裕は次の余裕には繋がらないのです。

 

この時間の食いつぶしが起こらないようにする為には
どうしたら良いのでしょうか?

方法は簡単です。

”余裕は後ろにまとめて、時間枠で管理する”
これをすれば良いのです。

1つのことが終わったら、
例え期日前だとしても次のことに進んでしまうのです。

そうすることによって全ての仕事が前倒しになります。

また、仕事を進める上でトラブルは付き物だと思います。

そんなトラブルが起きた時でも、
前倒しで進めることによって、
納期や期限をズラすことなく進めることも可能となります。


 

今回本を読んで自分の仕事の進め方も
学ぶことができました。

また、ライフスタジオ新横浜店は
5人で1つのチームです。

そのチームで、皆が無理なく仕事を進める方法
それを考えながら仕事を進めるべきだと
学ぶことができました。

まだまだ実行していく中で学ぶことも多いですが、
少しずつモノにしていきたいと思います!


 

ライフスタジオ新横浜店
Piii_chan(ピーちゃん)

 


予約についてはこちらから!



 

ライフスタジオ新横浜店Instagram

この記事をシェアする