PhotogenicYokohama Aoba

残りますように

2019/10/30

542 2

Photo by Natsuko Takagawa
Coordi by Kaori Kobayashi

 

「この頃、こんな感じだったね。」


時間が経ってからも、みんなで見て笑顔になれたり、当時と同じ温度で愛おしく思える写真を残したいと、最近改めて思います。

人の記憶は、全てを覚えていられるわけではありません。
どんなに楽しいことも、愛おしく思ったことも、悲しいことも、おおよその全体は覚えていても、細かいところは段々と抜けていきます。
そうして抜けていった記憶は、その後振り返られることはなく、「そもそもなかったこと」かのようになってしまいます。

家族で行った旅行も、
友達と息が出来なくなるほど笑いあった時間も、
頑張った習い事の時間も。

今大切に思うこの時間も、時間が経ってから大切に思う時間も、たしかにここにあったと思い出せるように。
そして出来れば、思い出したあとに笑顔になれる写真を残したいのです。


写真の女の子は、七五三の3歳のお祝いで来ていました。
きちんと受け答えが出来て、背が少し高かったこともあり、しっかりした印象のある女の子でした。

そして始まった着物姿での撮影。
とてもとても緊張していました。笑
この日は少し曇っていた日で、廊下もいつもより暗かったため、より不安にさせていたかもしれません。

それでも、全てをこなそうと頑張ってくれてる姿が可愛くて、ありがとうの気持ちでいっぱいでした。
どんなにしっかり見えても、まだまだ小さな3歳の女の子です。
壁に手をついてポーズを取ってもらった後、安心してもらいたくて、声をかけます。
「パパママどんな顔してる〜?」

実は壁の向こうから見て頂いていたみんなの顔を、
「みんないるよね…?」と少し心細そうに覗いた彼女の瞳に、ほんの少し安心が見えた瞬間にシャッターを切りました。

その日写真を撮ったこと、
とても緊張していたこと、
それでもとっても頑張っていたこと、
みんなでそれを応援しながら眺めていたこと、
そんなパパママ、お姉ちゃんのことが大好きなこと。
着替えた後は、ひょうきん全開だったことも。笑

そんな今日の日が、ずっと記憶に残りますように。

 

 

 

自宅で部屋の片付けをしていると、
まあまあな頻度で過去に撮った写真に目が止まります。
そこで、
ああこんな場所行ったな、
この写真撮ったとき友達とめちゃくちゃ笑ったな、
とその時何を話してたかも思い出し、思わず笑ってしまいます。

家族旅行に関しては、過去に写真を見たことがあるから、ギリギリ「行った」ということを覚えています。笑

そう思うと、写真ってやっぱり大事だな、と思います。

楽しかった時間を楽しかったと覚えていてほしいから、
やっぱり撮影を楽しくしたくて、
その時間がとても輝いてたと知ってほしいから、より綺麗に写す技術も磨いていきたいと思います。

この記事をシェアする