PhotogenicAoyama

わたしと赤ちゃん

2017/12/25

1061 0

わたしと赤ちゃん


 

こんにちは、赤ちゃん。

わたしは、あなたのお姉ちゃんだよ。

これからたくさん遊ぼうね!

たまにケンカすることもあるかもしれないけれど、

ずっといっしょにいようね!
 
 


今回のコンセプトは、とことんガーリースタイルでした。イメージをするなら、外国の子供部屋で小さな子供がインテリアと調和している風景です。赤ちゃんは4か月、姉である女の子は2才テーマで撮影するのは、とても難しい月齢同士での撮影ですが、2才のお姉ちゃんの、妹に対する接し方や愛情から、とっさに判断しコーディネーターに協力してもらい生まれた1枚が今回のこの写真です。本来はオムツのシーンでの撮影は、妹のソロカットのみの撮影予定でしたが、インテリアに新しい小物が加わり、久しぶりにムクムクとカメラマンとしての私の欲が出ました。
 
この本棚のインテリアは、撮影するのに構図や光が難しく、可能な限り避けていました。特に日中の光の差し込み具合は、あまり人物写真を撮影するには適さ無い光だと思っていました。ですが、あるタイミングの時にこの写真のイメージに近い光が差し込む瞬間があります。カメラ位置にある大きな出窓から差し込む強い光が手前の床にバウンスし、奥に柔らかい光を送る時、本棚から少し強めの光を取り入れる事で、逆光での撮影であるのに、人物に光のラインをつくり浮かび上がらせ、インテリアに負けない存在感を与えます。また視点を分散させずに、ストーリーの様に目線を流すよう天蓋の動きや背景の小物の配置に気をつけました。また、このコンセプトに合うように、とっさにコーディネーターがアレンジしてくれたパステルカラーの姉の衣装や小物も、全体のバランスにとても合っていると感じます。
 
このような私のわがままに付きっ合ってくれた、小さなモデルたちも含め、コーディネータや家族の協力に感謝です。カメラマンとして、自分の欲求をどのくらい出して良いのかは未だに分かりません。ですが、こういうチャレンジをして撮影を楽しむ事が、日々の撮影の中でも重要なのかと感じました。
 

この記事をシェアする