PhotogenicAoyama

小物と光

2017/12/27

1130 0

インテリアや小物を購入する時に、こういう風に使いたい!というイメージがある。

今月に入って購入した小物も、みんなで話し合い実際に店に行き、こっちの方がサイズ的に良いのではないか?質感はこっちのほうが良いのではないか?と吟味しながら購入したものだ。


ハーフバースデー前の赤ちゃん用のうつぶせ用のクッションは大きすぎず、体を隠しすぎないもの。

そして質感は肌に触れても柔らかく心地良いもの。

ラグは淡いピンク色で、心地良い素材のもの。

ぬいぐるみは赤ちゃんより目立ってしまわないように小さなサイズの、かわいい顔のもの。

そして、天蓋は光を優しくディフューズしてくれ、赤ちゃんの肌や、それぞれの質感を活かせるように。


全ては赤ちゃんの撮影の為に揃えて用意していたもの。


この赤ちゃんが撮影にやってきて、自分の思い描いてたイメージにぴったりとピースがはまりました。

photo by Tonegawa
coordi  by Ren

この記事をシェアする