Staff BlogHead office

Ishigaki.J
本社

石垣貞娥

’To be is to do’
- Jean Paul Sartre

存在するとは行動することである。実存主義の代表者であるサルトルが残した言葉です。

人間は常に何かしらの行動をとるが、それは全て自らの「選択」であるため、この行動に「責任」を取らなければならないと言います。

小難しい話を挟みましたが、人間それぞれが生まれ持っている「自由」を本当に発揮させるためには、具体的な「行動」と、それに伴う「責任」を果たすべきだという意味だと思います。

「自由な人になりたい」
これが自分が決めた人生の目的です。それをするために、普段どういうことを感じて、考えて、行動しているかをコツコツと残していく空間にしたいと思います。

町田在住 / 一児の母 / 本社

『おへんじください』 おてがみが好きな4歳・5歳児におすすめ絵本!~「我が子の本棚」vol.9~

2020/6/3

483 0

保育園から帰ってきた子供のリュックに、小さく二つ折りされている折り紙。広げてみると、クラスのお友達が書いてくれたおてがみでした。

まだ、鏡文字になっているところが、子どもらしくて可愛いですよね。

内容は決まって
〇〇ちゃん、△△だよ。だいすき。またあそぼうね。

いつもその繰り返しだけど、やっぱり子どもにとっておてがみのやり取りは楽しいみたいです。

そんな娘が年中の頃しばらくはまっていた本が「おへんじください」(作・山脇 恭/絵・小田桐 昭/偕成社)という絵本でした。


写真引用:絵本ナビ(www.ehonnavi.net

お友達のシャムちゃんからの返事を待つくろくんのところに、手紙のやり取りには興味のないとらくんが遊びにきて、返事が届くのを一緒に待つというお話。

シャムちゃんの返事を一緒に待ってくれたくろちゃんに、とらちゃんからお礼の手紙が届いた時の「ひゃあ」とした表情をみて、読んでいた私も、隣で聞いていた娘も嬉しくて同じ表情になってしまうほどでした。(笑)

 

お手紙は書く時も楽しいですが、それを読んでくれたお友達から「お返事」がいつ届くのかもっとドキドキしますよね。

ここ最近保育園を休んでいる間、お友達と連絡が取れなくなり…会うことも、話すこともできない寂しい日々が続いていました。

「〇〇ちゃんにお手紙書きたいなぁ…」という娘のつぶやきに、よ~し、やろうじゃないか!

「お手紙送ろう、大作戦!」

普段から仲良くしていたお友達3人にお家の住所を聞いて、いつもの折り紙ではなく、便せんに封筒、そして84円の切手までしっかり貼ってポストに入れました。

 

さぁ、いつ届くのかな~

保育園でのやり取りと違って、相手に届いているだろうか、返事はくれるだろうかとそわそわする日々が続きました。毎朝、「お手紙、きた?」と聞くのが癖になるぐらい、首を長くしてお返事を待っていたある日・・・。

「きたよ~!〇〇ちゃんからのお返事!」

裸足で玄関まで走ってきた娘は、黒い足の裏をパッパッとはらい、自分の部屋でハサミをもってチョキチョキと手紙を開けました。その時のドキドキ感とは!

けど、やっぱり相手も鏡文字だからちょっぴり読みづらい。(笑)

く?かな?つ?かな?と首を傾げながら、読み上げたお手紙には

けんかしても いいから

はやく コロナが おわて あそびたいね

と書いてありました。

(ちっちゃい「っ」抜けてたけど、そこはよしとして^^)

いつも口癖のように言っていた「また、あそぼうね」の言葉の大切さを感じる瞬間でした。

長い休みが明け、先日からまた元気よく登園した娘。久しぶりでちょっと照れるけど、楽しかった、けんかはまだしなかった、そうで。

退屈だった自粛期間にも、子供たちの心はすくすくと育っていたようです。

けんかしてもいいから、たくさん遊んで笑う日々がこれからも長く続いて欲しいものです。

 

年長さんになったらこちらもおすすめ
お家で可愛いやりとりができる「きょうはなんのひ?」



写真引用:福音館書店(www.fukuinkan.co.jp

年長組になった最近はちょっと長めの絵本を読むようになりました。ママが読まなくても、一人で一文字一文字を読みながら次の展開を楽しみにしています。お手紙と言うテーマではまっている「きょうはなんのひ?」も最近読んだ中でとてもお気に入りの1冊。林明子さんの心暖まる絵ももちろんですが、内容もとてもほっこりする絵本です。名作だと知っていたけど読んだことなかった、と言う方。まずは子供に読ませる前に、ママが先に読んでみて下さい。読み終えた後、もう一度カバーの絵を見ると、全ての謎が解けてもっと好きになりますよ!

 

「我が子の本棚」シリーズ
▼Back Number  

子供の心を慰める絵本「我が子の本棚」vol.8(夏特別編)
BOOK:log 「我が子の本棚」〜絵本のはしご読み〜
BOOK:log 「我が子の本棚」〜0.1.2オススメ絵本〜
BOOK:log 「我が子の本棚」~鈴木のりたけ~
BOOK:log 「我が子の本棚」〜小さな世界〜
BOOK:log 「我が子の本棚」〜描く絵本〜
BOOK:log 「我が子の本棚」〜ひらがなが読めるようになった頃のおすすめ絵本〜
0ヶ月から読める!笑う!赤ちゃんが喜ぶ育児絵本「しましまぐるぐる」の月齢別読み聞かせ方

▼Writer : Ishigaki.J 
ライフスタジオで数少ない「働くママ」の一人。
現場での経験を経て、現在は本社でライフスタジオらしいマーケティングとコンテンツ作りに取り組んでいます。子育てと仕事の間で感じたこと、思うこと、分け合いたいことをコツコツと記録しています。

この記事をシェアする