Staff BlogHead office

Ishigaki.J
本社

石垣貞娥

’To be is to do’
- Jean Paul Sartre

存在するとは行動することである。実存主義の代表者であるサルトルが残した言葉です。

人間は常に何かしらの行動をとるが、それは全て自らの「選択」であるため、この行動に「責任」を取らなければならないと言います。

小難しい話を挟みましたが、人間それぞれが生まれ持っている「自由」を本当に発揮させるためには、具体的な「行動」と、それに伴う「責任」を果たすべきだという意味だと思います。

「自由な人になりたい」
これが自分が決めた人生の目的です。それをするために、普段どういうことを感じて、考えて、行動しているかをコツコツと残していく空間にしたいと思います。

町田在住 / 一児の母 / 本社

パパの読み聞かせはママより効果的?お父さんと絵本がおすすめなワケ「我が子の本棚」vol.10

2020/6/26

619 0

毎年、6月の第3日曜日は「父の日」です。
今年(令和2年)の父の日は6月21日の日曜日でしたね。

ちなみに、2021(令和3)年の父の日は6月20日、
2022(令和4)年は6月18日が父の日となっています。

さて、生まれたばかりはずっとママっこだった子供も、だんだん活動量が増え、外遊びが活発になってくるとパパの出番も増えてきます。

この機会にママより「パパ大好きと言われたい!」とこっそり願っているパパさんも多いのではないでしょうか。^_−☆

今回は、親子の絆を深める絵本の読み聞かせにおいて、パパとの読み聞かせがおすすめな理由についてご紹介します。

やってますか?
親子の絆を深める絵本の読み聞かせ


「むかし、むかし、あるところに…」で始まる昔話を語りながら眠りに入った記憶、皆さんにもありますよね。昔話に限らず最近は絵本を読みながら眠りに入るご家庭も多いと思います。

海外でもいわゆる「ベットタイムストーリー(Bedtime Story)」という就寝時の習慣があり、家族で物語や絵本を一緒に読みながら寝る前の儀式を行っているそうです。


写真引用:Instagram (@rochewoodworthillustration)

絵本の読み聞かせが良いとは言うけど、具体的に何が、どのように良いのか、少し気になりませんか。

イギリスではファミリーリタラシー(Family Literacy)という教育哲学があり、「親は子供の最初の教師である」と言う理念に基づいて家庭内での教育の土台作りを積極的に推進しています。特に、家庭内教育の媒体として絵本の活用が推薦されます。

親と子供が一緒に絵本を読むことは、語彙力や理解力と言った子供の言語能力が芽生えるのだけではなく、親子の間で一緒に会話するテーマが増え、共感とコミュニケーションを深める効果もあります。

例えば、乳幼児の語彙力を増やすために開発されたフラッシュカードで月の絵を見せながら「つき」と教えるよりも、林明子さんの『おつきさまこんばんは』を一緒に読みながら自然に「つき」を教えた方が子供の興味をそそるはずです。

ある日、ふと夜空の満月を見つけた子供が「あ、おつきさまこんばんはだ!」と指差してくれたらそれ以上嬉しいことはないでしょう。


写真引用:絵本ナビ

パパの読み聞かせはママより効果的?



写真引用:Pinterest

親子の絆を深める効果がある絵本の読み聞かせ!

時間が許す限り付き合いたい気持ちはあるけれど、中々実践できないお父さんも多いのではないでしょうか。我が家でも寝る前に2〜3冊の本を読んでから消灯をするようにしていますが、読み手は8:2の割合でママの方が圧倒的に多いです。

しかし、パパの読み聞かせがママよりも効果的だと言う研究結果があること、ご存知でしょうか。

2015年、ハーバード大学の研究チームは本の読み手を母と父に分けて、子供の理解力・語彙力・認知発達能力との関係性に関する調査を行いました。その結果、父の読み聞かせの方が母の読み聞かせより全ての項目において高い数値が出たといいます。

お父さんの読み聞かせがより効果的な理由に関しては色んな解釈が存在していますが、その一つに本を読む時ママとパパが子供に問いかける質問の違いによると言う意見があります。

お母さんは本に登場する事実関係について(お星さまは何個あるかな、お花は何色かな…等)質問する傾向が多い反面、お父さんは実際の経験や身近な出来事などを例にあげて(こないだうちの前にもこんな犬がいたよな、今度パパとも公園いこうね…等)話かけるので子供の脳がより刺激を受けるそうです。

また、本を読む時のパパの低い声がより集中しやすいという見解もあります。ママはどうしても子供の目線に合わせて話しかける傾向が強い反面、パパはママよりも大人の言い方に近い表現が多いので語彙の幅が広いパパの読み聞かせが子供の言語能力をより豊かに育むという研究結果もありました。

さらに、普段比較的一緒に過ごす時間が少ないパパが本を読んであげること自体が子供にとっては新鮮な刺激になり、父性愛を感じる良いきっかけになるという意見もあります。

こんなにもいいことづくめの絵本の読み聞かせ!やらない理由はないですよね。

続くこちらの記事では今夜から始められる、パパの、パパによる、パパのためのおすすめ絵本をご紹介します。

お父さん大好き♪パパと一緒に読みたいおすすめ絵本5選「我が子の本棚」vol.11

【我が子の本棚】シリーズ
▼Back Number
おてがみが好きな4歳・5歳児におすすめ絵本!『おへんじください』「我が子の本棚」vol.9
子供の心を慰める絵本「我が子の本棚」vol.8(夏特別編)
「我が子の本棚」〜ひらがなが読めるようになった頃のおすすめ絵本〜
「我が子の本棚」〜お気に入りの1冊に出会える!絵本のはしご読み〜
「我が子の本棚」~鈴木のりたけ【特集】~
「我が子の本棚」〜小さな世界が描かれた絵本〜
「我が子の本棚」〜お絵かきが大好きならおすすめ!描く絵本〜
「我が子の本棚」〜0.1.2におすすめ。はしめての絵本〜
【特集】0ヶ月から読める!笑う!赤ちゃんが喜ぶ育児絵本「しましまぐるぐる」の月齢別読み聞かせ方

▼Writer : Ishigaki.J 
ライフスタジオで数少ない「働くママ」の一人。
現場での経験を経て、現在は本社でライフスタジオらしいマーケティングとコンテンツ作りに取り組んでいます。子育てと仕事の間で感じたこと、思うこと、分け合いたいことをコツコツと記録しています。


 

この記事をシェアする