Staff BlogYokohama Aoba

kaori sasaki
横浜青葉店

佐々木 郁

こんにちは!
カメラマン件コーディネーター件ヘアメイクの佐々木です^^
みんなからは、かおちゃんと呼ばれています。

入社は2012年。
今はなき横浜店が初めて勤務したライフスタジオです。
その後横浜青葉店、新横浜店、また横浜青葉店へ。
2018年5月に出産を経て、2019年4月に現場復帰。

ママとして、これからもお客様とさらに近い距離で「共感」の接客を目指したいと思います。

忙しなく過ごす毎日、日々変化していく子供たちや家族の環境。
ふと振り返った時、自分には大切な家族がいる。
そんなぬくもりを感じ合える写真になりますように。

再会したら、一緒に写真を撮りましょう^^
そして再会までの時間、家族にどんなことがあったか話しましょう。

その先へ 「2019写真分析07」

2019/12/31

136 0

 

 

彼女はしっかりと夢を持つ少女でした。

おそらく同級生子供たちよりもすこし大人びた一面を持つ一方、時には子供らしくスタジオの中を駆け回る姿も見られました。

そんな彼女の魅力が増す時、それはカメラを向けたときでした。

着物撮影を終え、動きやすい衣服は肩の力を抜き、こちらがポーズを伝えると、彼女なりの解釈で、息をするのと同じように自然に、写真は組みあがっていきました。

 

西に日が傾きかけている窓の前に立ってもらい、肘をつき顔を乗せてもらいました。

至って極シンプルなポージングです。

重要なのは顔の角度。

最大限瞳に光を集めるため、顔はカメラとは反対方向に少しだけ傾けます。そうすると顔を下からあおって撮影する事になるため、しもぶくれに写ってしまいます。

そこで彼女のアイデンティティの一つであるボブスタイルの髪を、耳にかけてあったところから少しだけ頬にかけてあげます。

そうする事により、ひと際目線が瞳に行く様になります。

また髪に光が当たる部分とそうでない部分がグラデーションになり、暗部がぐっと写真を引き締めます。

 

高く遠い遠い未来を見つめているような気がして、なぜか大人の私が切なくなるような。そんな一枚を撮った瞬間でした。

希望を持ち進んでいく、若く、エネルギーに満ちた彼女を表現できたでしょうか。

 

Photo by kaori sasaki

Coordi by Ayumi ishikawa

この記事をシェアする