Staff BlogYokohama Aoba

Reiri Kuroki
横浜青葉店

黒木玲理

初めましての方も、
お久し振りの方も、
いつもどうもー!の方も
こんにちは。

黒木玲理です。

ライフスタジオ8年目、2019年現在は横浜青葉店に在籍しています!

それぞれのお客様の「想い」にFitした撮影をしたいと思っています。
皆さんが、どんな想いで撮影に来てくださっているのか、色々聞きにいきますので教えてくださいね^^

Blogでは
Butterfly
写真分析
blog そして「はじめまして」は続く。
Let me see… わたしのこと
を主に発信しています。

お気軽にのぞいてみてくださいね。

ハウススタジオのインテリアで撮れる写真【ライフスタジオ横浜青葉店】

2019/4/13

282 2

 

皆様こんにちは。

毎年花見がしたいなぁと言いながら、気が付けば葉桜になっている桜を眺めてしょんぼりしている黒木です。

 

最近は出張撮影なんかも増えているので、桜のロケーションで撮られた家族写真や入学写真なんかもSNSではたくさんあって、そういうのも素敵だなあーと思う今日この頃。

 

とは言え、私たちライフスタジオでは、スタッフたちの手によって作り上げられた『スタジオのインテリア』が写真における大きな要素のひとつでもあります。

 

ただの『背景』などと侮るなかれ。

『インテリア』は、1枚きりの写真の為だけにある変化変哲のない『背景』ではなく、

目の前の『あなた』、被写体の存在感を引き立たせる為の『空間』であるのです。

 

その撮影方法は、千差万別。

時にその日の天候に合わせて、あるいは被写体の体格とのバランスを見て、撮影者が選択するレンズや画角によってもその空間の写り方は変わります。

横浜青葉店は、2013年の夏にOpenしてから大きなインテリアの変更は行なっていません。しかしそれでも、ひとつの空間で多様な写真を生み続けているのです。

 

だからこそ気になる、

『横浜青葉店のインテリアで、どんな写真が撮れるの?』

というギモン。

そんな声にお答えして、今日は横浜青葉店の各インテリアでの色んな写真をお見せしようと思います^^

 

 

 

①まずはメインのインテリアから!

横浜青葉店の店舗ページでもイメージ画像として使われているこちらのインテリア、通称『キッチン』。

大きな窓からの自然光は、時間帯によってその印象を大きく変えます。

ちなみにこちらも、キッチンでの写真。

↓↓↓

 

日没後にはこんなシックな雰囲気にすることだってできちゃいます。

 

青葉店の中でも広い範囲を占有しているインテリアなので、ソロ写真から、きょうだい写真、家族写真まで対応可能。

カメラ位置によって、フレーミングによって、まるで異なる印象を生み出し続けるオールラウンダーなインテリアなのです。

 

 

 

②屋根裏部屋みたいな隠れ家感がたまらない、三角屋根の部屋。

 

キッチンの向かいに位置するのがこちらのインテリア。

屋根の傾斜でちょっと狭めなこの空間、こちらも大きな窓があり、位置的にはサイド光での撮影が多くなります。

ちなみに、角度を変えて逆光でも!

↓↓↓

何処から撮っているかは、撮影に来て確かめてみてください。狭いです(撮影者にとっては)。

 

 

 

③子ども心を掴んで離さない!男子の絶対的憧れ『車』

 

一度乗り込もうものならなかなか出て来てもらえない魔窟でもあるこちらの車は、ダイ◯ツのミゼット、本物です。

何処から入れたんですか!!?と驚かれることもしばしば。

 

広くフレーミングする時には、車の向こうの飛行機まで入れちゃうことも。

 

乗りたい!のれるの!!?のせてのせて乗せてよーーー!!!!!となっちゃう男子諸君には、

「よーし、じゃあ車のライトがちゃんと光るかチェックして!」

「タイヤの空気が抜けてない!!?」

「おーっと、鍵が掛かってる!!鍵を探しに行こう!!!!」とあの手この手で搭乗を引き延ばしながら撮影を続行します。

 

焦らしてしまって、すみません。

だってもう、乗り込んじゃったら、こっちの声なんて届かないもんですから……。

 

 

④爽やかな水色の壁は、2階に上がっていちばん最初の場所。

階段を上がった正面にあるこの空間は、実は意外と間口の狭いところでもあります。

とは言えこちらも大きな窓があり、午前中は穏やかな淡いトーンの光が、午後には印象的な西陽が入ってきます。

カメラのアングルや露出設定によって、がらりと雰囲気を変えた写真が生まれる場所です^^

しかし時折、雲梯さながらにクライミングをし始める子も……!!?

 

 

 

⑤青葉店のど真ん中、カントリーな小屋。

2階のほぼ真ん中に位置するこちらの小屋。

こちらも子ども心を掴んで離さない、自分だけの隠れ家感満載。

時にかくれんぼの拠点となり、時に子どもたちのおもちゃの隠し場所となり、入り込んだらなかなか出て来てもらえない青葉店の魔窟第2弾。

しかし、横浜青葉店の中でもテイストがガラリと変わるこの小屋周辺。撮影で使うと、75カットの中にちょっとしたアクセントを与えます。

小さな子どもたちのキャンプ感も、堪らない可愛さなのです。

 

 

 

⑥そして、一部リニューアルしたこちら。

 

かつては衣装棚がどーんと鎮座し、お洋服屋さんのディスプレイのような雰囲気を醸し出していたエリアに、ベッドが搬入されました!!!!

 

こちらのベッド、ライフスタジオの『Happy 1/365 〜 Birthday Party Promotion』に合わせて、バースデーフォトの撮影をされる場合はバースデーパーティー仕様となります。

4月から変更されたばかりのインテリア。どんな写真が生まれてくるかは、これからのお楽しみ。

 

 

 

***********************************************************

 

…………と、まあ、このように。

各インテリアでも、様々な写真が撮られているのですが。

 

これだけお見せしといて何ですが、

これらは飽くまでも、一例に過ぎません。

 

 

と、言いますのも。

ライフスタジオでは、メインの光源に自然光を使っているので、天候や時間帯、季節によってその光の雰囲気は変わります。

インテリアは同じでも、いつでも100%同じ写真が撮れる、という条件ではないんですね

 

しかも、

何よりも大切なことですが……

被写体であるご家族や子どもたちは、みーーーーんなそれぞれ違うひと

なので、『同じ写真』になる訳がないのです。

 

ひとりとして同じ人がいないように、それぞれの被写体の個性や特徴を尊重しながら、私たちは撮影をさせていただいています。

そこに加えての、その時のコーディネートの雰囲気、あるいはその日のお天気、その子のお気に入りの場所、etc……

そういう複合的な要素の幾つもを考慮しながら、その時撮影する場所を決定して、カメラの色んな機能を駆使しながらシャッターを切っていくのです。

 

 

 

なので、

『横浜青葉店のインテリアで、どんな写真が撮れるの?』

というギモンへのお答えは、

『その日の色んな条件の中で、あなたに合わせた写真が撮れます^^』

と答えさせていただきましょう!

 

もちろん、『この場所で撮りた〜〜〜〜い!!!!』みたいなご希望があれば、遠慮なく仰ってくださいね!!

お子様の年齢や体格によって、安全上の理由からお断りさせていただく場合もありますが、可能な限りご希望に沿えるように撮らせていただければと思っています^^

 

 

いかがでしたか??

ぜひぜひ、横浜青葉店で『あなた』に合わせた『あなた』の為の写真を、撮りに来てみてくださいね〜〜^^

 

 

 

 

この記事をシェアする