Staff BlogChiba Forest

Kawachi
千葉フォレスト店

川地真由

川地真由

アニメ、映画、ドラマなんでも見ます。


20代のうちに世界一周旅行にいくのが人生においての目標です、よろしくお願いします(:

写真分析 【フィリアとストルゲー】

2020/4/10

135 2

2つとも聖書の中にある言葉です。

私はキリスト教でもないし何か属している訳ではありませんが兄弟愛について調べているときにこの言葉を知りました。

フィリア:日本語で翻訳すると「兄弟愛」

ストルゲー:日本語で翻訳すると「家族愛」

 

大人になってやっと兄妹の有難さそして優しさに気づいて気がします。

 

私には、3人兄がいて34歳と32歳、24歳の4人兄弟です。

 

写真の中の兄妹は、兄が10歳、妹が7歳の2人兄妹でした。

 

正直、私が7歳の頃兄のことなんて「なんでも言うこと聞いてくるし、なんでも買ってくれるし、いて当たり前」そんなことしか思っていませんでした。

 

でも兄妹って思い浮かべて1番強いのって「いて当たり前」が大きいと思います。

 

兄弟も家族もいない想像するほうが難しい気がします。

 

社会人になり学生の時ほど人との関わりが難しく思い悩んでいたときに兄たちに会ったとき

 

「なんて心地よいのだろう、生まれた時から変わらない空気感がいつまでもあるのだろう」

 

と感じました。それぞれ家族や兄弟には個性的な空気感があるのだと思います。

 

それを言語化するのは私にはとても難しいなものですが、写真の中の兄弟はなんとなく言葉にできます。

 

二人とも言葉を発さなくともお互いのことをわかっている気がしました。極端な話目を合わせれば相手のことはなんとなくわかる感じでした。

 

二人とも口数は多い方ではありません。だからなのか分かり合えるのかもしれません。

 

二人のママとパパもそんな感じでした。この家族はこうゆう個性なのだと感じました。

 

大人になっても変わらずそして写真の中の二人がママとパパの何か受け継いでいい家族をまた作ってくれればいいなと個人的に思いました。

 

なんでも分かり合える二人だからこそ見つめあってもらってそして微笑む。

 

二人とも口数は少ないけれども兄がリードしてくれるタイプだったので兄が上になるように。

 

これから二人にとってそして家族にとっても色々なことがあるけど、いつまでも仲良くそして変わらない空気感で。

 

いて当たり前で、感謝しあえる存在になれますように。

この記事をシェアする