Staff BlogChiba Forest

AYUMI
千葉フォレスト店

石川 愛弓

こんにちは!
いしかわ あゆみと申します。

好きなことは、寝ること・笑うこと・食べること!

マイペースに更新していきますので、よろしくお願い致します!

お散歩日和#5 ソール・ライター展

2020/1/15

230 0

 

先日、渋谷の“Bunkamuraザ・ミュージアム”で開催されている

『ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター』写真展に行ってきました。

 

ソール・ライター氏は、

ニューヨークを拠点にファッション誌のフォトグラファーとして活動したのち、写真家・画家として活躍していました。

写真作品のほとんどが自宅周辺で撮った写真で、カラー写真のパイオニアとも呼ばれています。

 

彼の写真は、写真の空間の使い方がとても独特というか斬新で

簡単に撮っているように見えて、とても考えられていると私は思っています。

街中のスナップ写真がほとんどですが、その中でも窓ガラス越しや鏡越しで場面を切り撮っている作品が多く

構図や、光などが緻密に計算されていて、もうかっこいいのなんの…。

惚れ惚れします!!!

 

今回展示されている作品は約200点。

それぞれの作品から、人々の足音や車の騒音などが聞こえてくるようで

当時のニューヨークの街中にタイムスリップして散歩している気分になりました。

 

私の印象に残った作品のタイトルを紹介します。

▫️三本の脚(1950s)

▫️煙突(1970s)

▫️タイムズ・スクエア(1950s)

 

三本の脚・煙突は、

タイトルと作品のドンピシャ度!!!

写真を見てからタイトルを読んでも、タイトルと読んでから写真を見ても

ただただ納得。考えずともストレートに作品が入ってきます。

とても気持ちがいいです。

 

タイムズ・スクエアは、

多分ですが、想像を裏切ります!

看板のきらびやかな明かりと、たくさんの人が集まるあの場所が

彼の視点から、見事に収められています。

 

これ以上、うまく説明できません!笑

 

是非とも足を運んでみてください!!!!

 

2020年1月9日(木) - 3月8日(日)

ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター

https://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/20_saulleiter/

フォトコンテストも開催中!

 

この記事をシェアする