Staff BlogShonan

Mayuko Horio
湘南店

堀尾 真悠子

生まれも育ちも神奈川県!
地元大好き横浜っ子です。
入社は2012年の春。

保育専攻の大学卒業後、一旦は実家の家業である質屋の仕事を3年やっておりました。しかしその間の期間、どこかで子どもに関わる仕事に惹かれていました。天真爛漫で無邪気な笑顔や困った顔、全身で訴える涙の表情。
幼い子たちの全力で生きている姿を形に残せたらと思った時、ある巡り合わせによって心を動かされ、導かれるようにここで働くことになりました。

”写真”に出会い、深く知り、知れば知るほど大好きになり、この仕事を誇りに感じています。

写真と自分自身を通して繋がる”縁”を大切にして1日1日を過ごしていきたい。

時を重ねて変化する繋がり

2019/11/24

293 1

中学、高校と私は鎌倉にある一貫の女子高に通っていました。

名の通り、女子だらけ。

当時の私はあまり喋るのが苦手で人の目を気にしているんだけど、気にしないふりをして勝手に一匹狼気取りをしたりととても、

いや、かなりメンドクサイ人間でした。だから友人も正直少なかったです。

多分私は絡みづらかったはず。笑

 

そんな学生時代、所属していた唯一の運動部。

バドミントン。色々あり挫折して1年程で退部しましたがそこで一緒だったのが彼女。

彼女はとっても活発でバドミントンが上手く、期待の新人でした。

当時どんなふうに話していたか、正直記憶にないですがとても仲は良い!!という関係ではなかった、と思います。

しかしひょんなキッカケから今回湘南店に撮影に来てくれて、担当をすることになり、

私は正直どきどきしてました。

「うまく話せるかな」「どう思われているんだろうか」、と当時のネガティブまゆこに。

でも話してみたら話しやすく、ぺらぺら話している自分に自身でびっくり。

そしてモニターの待ち時間に、「話しやすくなったね。」と一言言われ更にびっくり。

嬉しかった。

学生の時の、あの時の自分から少し変われたんだ。

受け入れられたことと、私が人を受け入れることができたのかなと。

時間を重ねて、色んな経験をして、

これが大人になったということなんだなと実感しました。

 

彼女との関係、そしてそこから広がる関係を築けたらもっと自分は変化するはず。

だから今日という日は忘れないように。

 

Photo : Kuroki   Coordi : Horio

 

この記事をシェアする