Staff BlogShonan

Masashi Kuroki
湘南店

黒木 昌史

宇宙の端っこってどうなっているかって知っていますか?

そんなの誰にも分からないですよね。
そんな分からない事を日々想像している人間です。
小さい時に本屋で見たUFOとネッシーの本がそんな自分を作ったはじまりです。

写真を愛し、ギターを愛すバンドマンでもあります。
みんなを笑顔にすることが自分の生きる糧となっています。

I'm Rock

『 断捨離 』

投稿日:2022/6/30

150 1

photo : Masashi Kuroki|coordi : Kimiko Moriya

No.24 Life studio Shonan

 

 

私は彼を知っている。

だから撮りたいと思ったんだこの写真を。

 

 

彼は今、十歳。

前回は九歳の時だった。

九歳と十歳、去年と比べ彼の見た目に大きく変わった部分は見られなかった。

例えば一歳と二歳であれば、つかまり立ちだった赤ちゃんが一年後には走っていたりと、そういった「変化」を感じるのは当然なことですがこのぐらいの歳になると少し背が伸びたとか微妙な変化に留まることが多い。

しかしながら、九歳の写真と十歳の写真を同じに撮ってしまってはしょうがない。

こういった場合の多くはインテリアや衣装での変化をつける。

でも「十歳」という節目でもある写真。

背景などの変化だけでなく、私は撮ろうと決めていました、この「表情」を。

場所も光も表情も決まっていてあとは彼と私の気持ちの一致だけでした。

 

今回のライティングのテーマは「断捨離」。

世の中が安心して生活することが出来なくなり始めた頃、家で過ごす時間が増え、断捨離をした人が多くいました。

色々なものを捨てることで本当に必要なものが明確になる。

それと同じく、この表情を写し出したいための本当に必要なもの。

ほぼ真っ暗な部屋の中に残ったそれはその表情を誘発する一発のライトでした。

背景に浮かぶ色は彼の内面の色。

そしてどこか冷たくも見えるが力を持った眼力。

このシチュエーションの甲斐もあって彼と私の気持ちは一致しました。

 

 

普段はこちらが置いてかれそうになるほどのユーモアとまるで二歳児のように一瞬たりとも止まっていないほどのエネルギーに満ち溢れている彼。

でもそんな彼がこんな表情を持っていることを私は知っていました。

だからこの表情を「十歳の記念」として残しました。

 

 

 

私は君を知っている。

君も私を知っている。

だから撮れたんだねこの写真が。

 

 

 

Written by Masashi Kuroki   Shonan

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事をシェアする